浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

静岡県|榛南地区地域水産業再生委員会

南駿河湾漁業協同組合

取組概要 製氷施設等の整備とブランド魚の立ち上げ
キーワードブランド化
未利用魚
活け締め
販路その他
取組タイプ鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 シラス
キンメ
イセエビ
サワラ
カツオ

浜プランの取組内容

第 1 期の取組の中で現在も継続しているものを引き続き行うと共に、第 1 期策定時とは漁業環
境も変わっているため、現在の状況を踏まえた取組を実践していく。
様々な魚種で資源量の低下が指摘されており、大幅な漁獲量増加による漁業収入を見込むこと
はできない。ここ数年の黒潮の大蛇行や毎年のように起こる異常気象の影響も十分に考えられる
が、今現在、昔ながらの漁業スタイルからの大きな転換点に立たされているのではないかと考え
る。今後は限りある資源を如何にして分け合って獲り、如何にして付加価値を付け高く売るかを
漁業者一人一人が考えて操業にあたることが必要になってくることから、下記の取組を実施して
いく。
【漁業収入向上のための取組】
① 吉田市場製氷施設の整備(継続)
南駿河湾漁協吉田市場において、漁業者の漁業生産基盤である製氷施設を整備する。現在、吉
田市場において新しい製氷施設の建設が進行中で、令和 4 年 3 月の完成が予定されている。製氷
搬出操作の自動化とエアー搬送システムの導入により、船積用搬出口を従来の 1 か所から 2 か所
に増やすことで、大漁時等に氷の積込み待ちで船が集中した際、積込時間の大幅な短縮により品
質低下を防ぐことが出来る。
② 御前崎市場製氷施設及び付帯施設整備(新規)
吉田市場の製氷施設が整備され次第、御前崎市場において、同様に漁業者の漁業生産基盤であ
る製氷施設を整備する。また、製氷施設の付帯施設として、シャーベットアイス発生装置の導入
を検討する。シャーベットアイスは砕氷より冷却効果が高いため、定置網及び一本釣り漁船が水
揚げした魚を高鮮度のまま消費者市場へ出荷が可能となり、魚価向上が期待される。
③ 水産イベント・水産教室の開催(継続)
漁協は、魚食普及の取り組みとして、漁協主催の「御前崎みなとカツオ祭り」、「吉田シラスマ
ーケット」等の水産イベントを市や観光協会と連携して積極的に開催し、地元水産物のPRと地
域の活性化を図る。また、当地域の小学校で親子料理教室の他チリメンモンスター教室や海藻お
しば教室などの水産教室を開催し、子どもたちや若い世代に地元水産物の魅力を伝え、知名度向
上や消費拡大を図る。
〈シラス船曳網漁業〉
④ シラス船曳網漁業における水揚げ金のプール制度(継続)
シラス船曳網漁業者は、吉田市場と御前崎市場において大漁時、プール制に移行することで資
源の有効活用を図る。
⑤ シラスの鮮度保持(継続)
シラス船曳網漁業者は、魚価を上げる取組として、曳網時間を短縮し、水揚げ時の選別を手早
く行い、外の熱気に出来るだけ触れることが無いようアルミ製のシートをかぶせて保管し、すぐ
に帰港、水揚げすることで、高鮮度のシラスの提供を図る。
〈沿岸漁業〉
⑥ 海産物の付加価値向上
・活き締め(脱血処理)の実施(新規)
漁業者は、定置網及び一本釣により漁獲された魚を船上で活き締め・脱血処理を行う。脳天を
割り即殺し脱血することで、暴れまわることによる魚体の損傷が最小で済み、臭みや傷みの原因
となる血生臭さが無くなり、腐敗するスピードが格段に遅くなる。食肉で行う「熟成」が魚でも
可能になる。活き締めした魚を安定供給させることで、魚価向上を期す。
・ブランド魚の立ち上げ(新規)
漁協は、魚価向上を目的にブランド魚を立ち上げる。南駿河湾漁協では 2 年前に活締め脱血・
高脂質を謳ったブランド魚「波乗り鰆」を立ち上げ、サワラの魚価が向上した。活き締めを施し
たサワラ以外の魚種についてもブランド化の検討を行う。さらに、既存ブランド魚についてはブ
ランド力の強化を図る。
・未利用魚の活用(継続)
漁協は、当地域で漁獲される未利用魚(クロシビカマス・アイゴ・ニザダイ)について、料理
人の協力を得ながらレシピの開発を行う。開発したレシピは料理教室・SNS で公開し、地元に
おける魚食需要の掘り起こしを行う。
⑦ 魚類の販路拡大(新規)
漁協は、魚類の新たな販路を開拓するため、企業とタイアップして給食向けに加工品の開発を
行う。給食向け食材は衛生管理基準が特に高いため、当分の間は原魚を水産加工業者に提供し加
工を行う。
⑧ 自己漁獲物の加工品開発(継続)
漁協は、令和元年に新設した水産加工場を活用し、鮮魚をフィレ状に加工した製品の飲食店向
け販売を開始する。漁協が原魚をまとめて買い上げるため、魚価の向上が期待できる。そして、
更なる加工を加えた調理用素材の販売に向け「仕出し業」の許可取得を念頭に、漁業者と漁協職
員がキンメダイ・サワラ・シラスを利用した試作品製作にあたっている。開発した加工品は、ま
ずは漁協青壮年部等がイベントで販売することで漁業収入増加を目指す。
⑨ 榛南海域の磯焼け対策と潜水漁業の再開(継続)
榛南磯焼け対策活動協議会で検討・決定された事項について、漁業者が主体となり、県水産・
海洋技術研究所の協力のもと、サガラメ・カジメの母藻の投入や種苗生産・中間育成を行うとと
もに、食害魚であるアイゴの駆除を行うことにより、漁場造成と漁獲量の増大を図る。現在、相
良沖のカジメ藻場は順調に回復しており、アワビなどの磯根資源も多く確認されていることか
ら、青壮年部が主体となり、潜水器漁業を試験的に行い、漁業再開及び漁業収入の向上を目指す。
⑩ 資源管理型漁業の推進(継続)
漁協及び漁業者は、県・市町の協力のもと、マダイ・ヒラメなどの種苗放流を行うとともに、
小型魚の放流についても引き続き実施し、資源管理型漁業を対象漁業者で推進していく。
⑪ 担い手対策(継続)
漁協は、引き続き後継者確保のため、水産高校に積極的に働きかけを行うとともに漁業就業フ
ェア等を活用し、国や県の支援制度を活用しながら若手就業者の確保に努める。
【漁業コスト削減のための取組】
〈全体〉
① 漁業経営セーフティネット構築事業(継続)
燃油高騰の備えとして、当地域の全漁船に対し漁業経営セーフティネット構築事業の活用を呼
び掛ける。現在、燃油価格は下落しているが、今後いつ高騰するか不透明な状況であり、未加入
者に対しては加入するよう、現加入者には加入を継続するよう指導する。
② 省エネ航行(継続)
漁場まで、または寄港時の減速航行を全漁業者で行うようにするとともに、船底・舵・プロペ
ラ等の船底清掃による付着物の除去を積極的に実施し、燃油消費量の削減を図る。
③ 漁獲共済・積立ぷらす(継続)
漁協は不漁による収入減少の備えとして、漁業者に対して漁獲共済・積立ぷらすの加入を推
進する。
〈遠洋・近海カツオ漁業〉
④ 19 トン型近海カツオ漁船の導入(継続)
近海カツオ漁業者は、漁業永続化を念頭に、現在使用している 119 トン型中型船から 19 トン
型小型漁船への転換を検討する。現段階では 119 トン型船での経営維持は可能と判断しているた
め、事前準備として当地域周辺の 19 トン型漁船の経営状況について情報収集を行い、省人化・
省エネ化を図ることによる効率的な操業体制の構築を目指す。
また、漁協は、漁業収入増加を目指し近海カツオ一本釣漁業への参入を検討している沿岸漁業
者に対して、国の補助事業(漁船リース事業・もうかる漁業創設支援事業)を活用した、漁船整
備等のサポートを行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 南駿河湾漁業協同組合
住所 〒437-1623
静岡県御前崎市港6131
電話番号 0548-63-3111