浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

静岡県|伊豆地区地域水産業再生委員会(松崎町、西伊豆町、伊豆市)

伊豆漁業協同組合(松崎町、西伊豆町、伊豆市)

取組概要 テングサ増殖事業とイカの単価向上・販売力強化
キーワードテングサ増殖
活魚
神経締め
販路その他
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 カツオ
サンマ
イカ
テングサ
アワビ

浜プランの取組内容

各地区での取り組みにより、対象となる漁業者の総所得額を基準年から 10%以上の向上を図る。
●テングサ増殖事業
第 1 期プランでは漁場造成のため投石により着生面積を増大させ、水揚量の安定と増加を図る
ことを目標としたが、同海域にテングサの着生が無ければ、投石をしても漁場造成に繋がらない
と考え、第 2 期はまず、スポアバック方式によるテングサの増殖を試みる。その成果を鑑みて、
投石による漁場造成、雑藻刈り、食害生物除去等の実施を検討したい。また、県の研究機関と連
携し、新たなテングサ漁場の開拓にも着手することで、水揚量の増加を図りたい。
●漁獲物の単価向上と販売力強化
主要漁獲物であるイカ類を対象に単価向上と販売力強化を進める。
現在、スルメイカは資源減少等の影響で水揚量が非常に少ないことから、第 2 期プランでは、
スルメイカ資源および水揚量が回復するまで、単価の高い「活イカ」、「船上干し」、「活イカ神経
〆」の出荷・販売に着目した取組を実施する。これまで活イカの出荷先は主に活イカ業者のみで
あり、活イカ業者の買取数に上限があるため、漁業者に対して漁協は活イカ受取量を制限してい
たが、今後漁協は、活イカ業者に対し買取数を増やすよう働きかけるとともに、直営食堂メニュ
ーの食材、はんばた市場の商品、県中部向け商品(神経〆)としての販路を確保・拡大し、活イ
カの受取量を増加させる。また、船上干しについても、これまで漁協単独で受取り、販売をして
いたため取扱量に限界があり受取量を制限していたが、今後は、はんばた市場と連携することで
販売量を増やし、漁業者からの受取量を増加させる。
一方、ヤリイカについても平成 30 年以降、水揚量は極めて低調で、水揚量回復の兆しが見ら
れないことから、スルメイカと同様に活イカ主体の取扱いを進めることで、漁業所得の維持・向
上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 伊豆漁業協同組合(松崎町、西伊豆町、伊豆市)
住所 〒415-0015
静岡県下田市外ヶ岡11
電話番号 0558-22-3585