浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

静岡県|沼津市静浦地区地域水産業再生委員会

静浦漁業協同組合

取組概要 ワカメ養殖事業の本格化、しらすの加工、販売
キーワードワカメ養殖
イベント
直売所
販路域内流通
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 イワシ
アジ
サバ
シラス
タチウオ

浜プランの取組内容

第一期浜プランで事業化を目指したワカメ養殖は、当組合の 50 歳以下の組合員で構成される静
浦漁協青壮年部(構成員 15 名)を中心に、①経費のかからない、②他の漁業の邪魔にならない、
③静浦漁協における新規の取組である、④現在行っている各自の漁業の支障にならない程度の負
担である、⑤収入増が見込める事業として、静岡県水産・海洋技術研究所の指導を受けながらワ
カメ試験養殖を行い、平成 30 年に区画漁業権の対象種となった。これに伴い、令和元年度に養
殖主体を青壮年部から、新たに設立した有志組織である「静浦ワカメ生産組合」に移行し、本格
的養殖事業を目指す。青壮年部は、平成 29 年度から天然ヒジキを収穫し、漁協が加工、販売す
ることで、ワカメに次ぐ新たな収入源となる取組みをしている。また、第一期の目標であった、
青壮年部によるしらす加工について、引き続き取り組み、直売所等での販売を行う。
次に、これらを主商品として定期的にイベントを開催する。このイベントには青壮年部以外の組
合員や、静浦地区内の水産加工業者、干物業者、また農業関係者等にも参加を呼び掛ける。これ
により、地域を巻き込みながら市内及び伊豆への観光客などを対象とした、静浦漁協、静浦地区
への人の流れの基礎を作る。さらに、商品は、近隣漁協の直売所に置くとともに、JA 施設に流
通を試み取扱い箇所を増やし、認知度向上と需要の拡大を目指していく。
これらのイベント開催や販売経験を土台として、現漁協直売所を拡大するとともに、静浦漁協組
合員個人が販売スペースを借りて自ら水産物を販売する販売形式について検討を行っていく。同
時に、青壮年部、婦人部を主体とした常設の漁協食堂を開業し、組合員からの水産物を直接仕入
れて運営していく。
これら水産物販売および食堂では、静浦地区の漁獲物を基本とするため、現在行っているマダイ
やヒラメの栽培漁業を継続するとともに、資源管理を徹底することにより、組合員の漁獲量の安
定的な確保につなげる。
以上の事により、静浦地区を活性化し、新たな消費先を拡大することによって漁協組合員が努力
すればそれだけ収入増が見込める新しい仕組みづくり(システム)を目指す。
さらに、コスト削減の対策として、船底清掃を恒常的に行う事で航行時の漁船の抵抗軽減により、
消費燃料削減をはかる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 静浦漁業協同組合
住所 〒410-0104
静岡県沼津市獅子浜243-1
電話番号 055-931-3010