浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

三重県|五ヶ所湾地域水産業再生委員会

三重外湾漁業協同組合(五ヶ所湾)

取組概要 新たな手法を用いた養殖への取組
キーワードシングルシード法
カタログギフトの作成
ICT技術の活用
販路域内流通
取組タイプ新技術の導入
魚種 タイ
カキ
アサリ
ヒロメ

浜プランの取組内容

(1)貝類養殖の推進
マガキ
 漁協は、新たに当該地域のマガキ養殖に参入した企業とともに「プルみえ」の増産に取り組むとともに「プルみえ」生産方法のマニュアル化に取り組み、漁業者への普及を図ることで生産力の向上に努める。また、三重県カキ養殖広域水産業再生委員会と連携し「プルみえ」の販路拡大に努める。
イワガキ
 漁協は、漁業者とともに地元採苗に向けた検討を進め、地元種苗を用いたイワガキ養殖の検討を行う。
(2)魚類養殖業の高品質化による経営の安定化
 漁協は、「伊勢まだい」の販売を行う漁連と連携し、魚類養殖業者の協業化による「伊勢まだい」の生産を推進する。
(3)海藻養殖の推進
ヒロメ
 漁協は、ヒロメのPR による知名度の向上や加工による付加価値向上に取り組むことで、ヒロメ養殖の普及に取り組む。ヒロメ養殖を開始した漁業者は、生産規模拡大、付加価値向上による収益向上に取り組む。
アオノリ
 漁業者は、新たな漁場拡大によるアオノリ養殖の柵数の増加に取り組み、収益向上に取り組む。
(4)移動販売による魚価の向上
 漁協は、魚価向上に有効な移動販売での水産物の充実と一次加工などの充実を図ることで消費者のニーズに対応し、収益向上に取り組む。
(5)魚食普及に向けた取組
 漁協は、地産地消イベント「サニー市」への出店、「南伊勢町魚々の日」に併せた鮮魚の注文販売等を継続するとともに、引き続き南伊勢町及び関係団体と協働して「おさかなフェスタ南伊勢」を開催する。また、南伊勢町と協働し、地域内の保育園児の給食への水産物の提供に加え、地域外の保育園児への提供も行う。
(6)自主的な資源管理の徹底による高齢化への対応や経営の安定化
 藻場造成、周辺漁場へのカサゴ種苗の放流、ヒジキ場の拡大に取り組むとともに、藻場造成の課題である食害対策や放流カサゴの適切な漁獲の推進、効率的なヒジキの繁殖方法等について関係組織と連携した取組を行う。
(7)販売・流通体制の強化及び付加価値向上
 南伊勢町漁村活性化グループは、漁協及び関係機関とともに南伊勢町の水産物の付加価値向上のために販売流通対策計画を策定し、新たな事業展開を図っていく。
(8)漁業後継者育成の取組
 漁協は、漁業後継者対策として漁業権管理委員会、南伊勢町、三重県と連携して、漁業活動に必要な知識や技術の習得のための取組について総合的に支援できる組織作りを行い、未経験者でも漁業就業が可能となる環境づくりやサポートなどを行うことで将来を担う人材の確保・育成を図る。
(9)持続的な養殖経営体制の構築
 漁業者は、度会水域養殖漁場利用計画(養殖漁場改善計画)を遵守し、持続的な養殖生産に取り組む。漁協は魚類養殖業者に対し、漁業経営セーフティーネット構築事業や漁業経営安定対策(積立ぷらす)の加入を促進するとともに、コスト削減のための網替え作業や出荷作業等の共同化を検討する。
(10)漁港・水産関係施設の機能再編
 漁協は、拠点漁港(流通市場)の構築に取り組む南伊勢町南島地区地域水産再生委員会と連携し、効率的な市場運用体制の確立に向けた地域内の漁獲物の集約化及び衛生管理の強化を検討する。
(11)省燃油に向けた取組の推進
 漁協は、漁業者に対し省エネ機器導入等を推進するとともに、漁場までに要する燃油使用量を削減するためのカサゴ種苗の放流やヒジキ藻場の再生に南伊勢町、三重県、三重大学等と連携して取り組む。
(12)ICT技術の活用
 漁協は、魚類養殖業者に対して適正な投餌量によるコスト削減を図るとともに、環境負荷の軽減を図るため、ICT技術を活用した自動給餌器等の導入に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 三重外湾漁業協同組合(五ヶ所湾)
住所 〒516-1308
三重県度会郡南伊勢町奈屋浦3
電話番号 0596-72-2244