浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|堺市出島漁協地区地域水産業再生委員会

堺市出島漁業協同組合

取組概要 低・未利用魚を活用した6次産業化事業の推進
キーワード6次産業化
種苗放流
食育推進
販路域内流通
取組タイプ未利用・低利用魚
魚種 スズキ
チヌ
タチウオ
キジハタ
カマス

浜プランの取組内容

・低未利用魚を活用した 6 次産業事業は課題解決策の検討を優先する。
原料確保の安定性や人材不足により、予定通りに進まなかったため、今期は、原材料
の確保が不安定でもできる加工品や保管方法を検討し、課題解決を図り、事業を再開
する。
・種苗放流による資源の増大と放流魚種の付加価値向上
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所により、栽培漁業施設が改築されることに
伴い、令和 4 年度から放流量が増加するキジハタについて、資源管理や付加価値向上
に取り組み、確実に所得向上に繋がるようにする
・水産関係イベントを通じた PR 活動
人手不足により、イベントの継続的な参加ができなかったため、最低限の人員で行え
るコンテンツを検討し、継続的な参加を行うことで、堺市出島地区の水産物を PR す
る。
・食育推進活動事業の推進
漁協主体の食育活動は多くの人材や時間を要し、それが原因で前期は着手できなかっ
たため、今期は学校給食や地元イベントへの食材提供など、人材や時間をあまり必要
としない方法で食育推進活動を行い、これら活動を通して地元の漁業や水産物を PR
する。
・魚価単価の向上
主要な漁獲物であるスズキやチヌについて、「神経抜き」や「血抜き」を実施し、高鮮
度化することで魚価単価を向上させる。また、それらをブランド化し、付加価値を向
上させる。
・省エネ機器を導入してコスト削減を図る
・減速航行や船底清掃を行い燃油代の削減を図る。
第 1 期浜プランで燃料費の削減に大きく寄与したため、引き続き実施する


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 堺市出島漁業協同組合
住所 〒598-0051
大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電話番号 (072)462-3025