浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|下荘地区地域水産業再生委員会

下荘漁業協同組合

取組概要 地産地消・交流活動の推進、漁村文化の伝承
キーワードワカメ養殖
カキ小屋
種苗放流
販路域内流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 タコ
ワカメ
サザエ
キジハタ
カキ

浜プランの取組内容

(1)水産資源及び漁場保全への取り組み
・これまでのナマコやアワビの放流を継続するとともに、大阪府立環境農林水産総合研究所が
実施する栽培漁業センターの改築に伴い、放流量が増加するキジハタについて、資源管理や
付加価値向上の取り組みを行い、確実に漁業所得の向上につながるようにする。
・海底耕耘については、近年大阪府湾で被害が深刻となっている貝毒の発生抑止対策として有
効との意見があるため、資源の増加の目的も兼ね、引き続き大阪府漁連と連携して取り組ん
でいく。
(2)漁獲物の付加価値向上及び加工
・高鮮度鮮魚(アカシタ・タコ、沖サザエなど)については、引き続き PR 活動を行い、ブラ
ンド化させることで付加価値の向上をはかる。また、加工品については、前期プランで取り
組んだが、天候等の影響により、原材料が十分に確保できず、実施に至らなかったため、今
期プランでは、長期保管が可能な加工品を開発し、不安定な漁獲でも事業を行えるようにす
る。
・ワカメ養殖については、一定の成果があったため、今期プランでは規模の拡大を図っていく。
・カキ養殖については、前期プランで成長が早く、良質のカキが養殖可能なことが分かったが、
貝毒の発生により、出荷できなくなったため、今期プランでは貝毒発生前に出荷が可能な養
殖方法を検討し、実施する。
(3)地産地消の推進
・カキ小屋の一部を直売所として活用し、高鮮度の地魚を販売することで、所得向上だけでな
く、浜の活性化や地魚の PR を行う。また、試験的に行ったカキ小屋が好評であったため、
浜の活力再生成長促進交付金を活用し、カキ小屋を建設し、本格的な実施を図っていく。
・前年度に取り組んだ食育・料理教室を継続し、地魚の PR 及び地産地消のさらなる推進を図
るほか、イベントにも積極的に参加し、地産地消を定着させる。
(4)交流活動の推進
・地曳網体験等を実施し、魚離れした都市住民に対して、大阪湾で獲れた魚を使ってさばき方、
調理の仕方を説明したことで、地元以外の人に対して地魚の PR を行った。しかし、荒天に
より中止になる事が多く、十分な PR が行えなかったため、今後も継続し、PR を行っていく。
・住民や NPO 団体と協力し、海岸清掃や漂流物回収作業を実施し、自然海岸を守る働きかけ
により資源保護、環境保護意識を高め、大阪湾で生息する魚並びに地元水産業への理解と価
値の向上を図る。
(5)地域水産業・漁村文化の伝承
・前期プランにおいて、研修を実施することで新規就業者を増やすことで、就業者の確保と漁
村文化の伝承を行ったため、今期はこの取り組みをより、活性化させるために、支援制度を
活用し、更なる就業者確保に取り組む。
・体験漁業を通して、地元市民に漁業のことを知ってもらう他、地元の食文化(郷土料理・祭り
押しずし)などを紹介し、地元の水産業を守る市民意識の醸成、次世代への伝承を図って行く。
(6)漁業コスト削減対策
・漁業コスト削減に一定の効果のあった、漁業経営セーフティネットの加入促進や、定期
的な船底清掃、減速航行については引き続き実施する。
・船底清掃の定期的な実施により、船底塗料の購入費が増大したため、組合で一括購入を
行い、費用の削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 下荘漁業協同組合
住所 〒599-0232
大阪府阪南市箱作3341
電話番号 072-476-0473