浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|岬町水産業再生委員会(深日部会)

深日漁業協同組合

取組概要 養殖事業の開始と「海の駅」の推進
キーワード地産地消
イベント
養殖事業
販路域内流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 イカナゴ
シラス
マダイ
タコ
エビ

浜プランの取組内容

1' 漁業収入向上のための取組
■ 1期より継続するもの
・ 地元水産物の認知度向上
イベントを通じた深日産魚介類の販売·PR並びに漁獲物を各自SNS等で発信することによって認知度を向上させ、魚価の向上と消費拡大に繋げていくとともに、競りに新規仲買人
を参入させるなど、魚価の安定を図るため、仲買人勧誘に努めて地元水産物の認知度の向上に務めていく。
・ 食育を通じた魚食普及と地産地消の推進
地区内の学校等と調整し、 子供達を対象に漁業体験等を実施し,地域産業や魚食文化への関心を高め、 ひいては深日産魚介類の消費拡大を目指していく。
・ 体験・観光漁業の推進
地元の各団体と連携した漁業体験や漁船クルーズ、また、大阪観光局と連携し地域協議会を立ち上げ、全国の成功例を参考に渚泊事業やインバウンド向け体験&ガイドツアーに参加し、漁業者の所得向上を目指していく。
・漁場環境の保全等
地先の漁場環境の保全活動を実施するほか、稚魚の放流にも取組水産資源の保護培養に努めていく。
・新規漁業者の参加推進
年々減少する漁業者に歯止めをかけるため、「漁業就業者フェア」に出展し、広く全国から担い手を募集し指導・育成していく。また、第2期で40歳以下の漁業者を最低3名育成する。
・養殖事業の開始
大阪環境農林水産総合研究所等の指導・協力を得て、魚貝類の養殖を計画し、消費者仁安定供給することにより漁業者の所得向上を目指していく。また、台風時における前期の課題を踏まえ陸上育成水槽を利用したヒラメ養殖を行っていく。
・「海の駅」の推進
町・観光協会等と連携し、漁港を活用した「海の駅」を推進し地域のかっれいかを目指していく。また、「海の駅」実現に向けたインフラ整備や津波対策等の課題解決のため関係機関に働きかけていく。
新たに取り組むもの
・栽培漁業の推進
栽培漁業センターの改築に伴うキジハタ等の放流量増加について、資源管理や付加価値向上の取組を行っていく。
2.漁業コスト削減のための取組
1期より重視するもの
・燃油消費量の抑制
省エネ型のエンジンを導入し、燃料費を削減するとともに、減速航行や船底清掃を行い、燃油代の削減を図っていく。
・セーフティーネット構築事業への加入促進
燃油高騰に備えるため、セーフティーネット構築事業への加入促進を図っていく。
・共同利用施設の更新による生産性の向上
老朽化した畜養施設の再整備を推進していく。
新たに取り組むもの
・船舶保全修理施設の整備
当該施設の改修を進めることにより、修繕に係る労力の軽減、省エネ型の施設にすることによる経費の削減を目指していく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 深日漁業協同組合
住所 〒599-0303
大阪府泉南郡岬町深日2917
電話番号 072-492-2052