浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|岬町水産業再生委員会(淡輪部会)

淡輪漁業協同組合

取組概要 漁協直売所の開設と魚介類の養殖
キーワード海の駅
魚食普及
養殖
販路域内流通
取組タイプ魚食普及活動
魚種 イカナゴ
シラス
カレイ
タイ
タコ

浜プランの取組内容

漁業者が漁協と連携して、以下の課題に取り込むことにより、漁業者の収入向上
目指すとともに地域に貢献することを基本方針とする。
① 漁協直売所の開設
淡輪漁協及び漁業者は地域住民や漁協来場者(年間 6 千人)を対象に漁協、漁業者の収
益に繋げるためたんのわヨットハーバー海の駅等に直売所を開設する。
② 道の駅での拡販
平成 28 年度に営業開始した道の駅(岬町主催)に鮮魚及び加工品を販売拡大していく。
③ 魚介類の養殖
資源管理を徹底遂行する事により生み出された余剰時間を用いてエビの養殖に取り組む
活魚水槽 20 個(20,000 ㍑)分を使用し、令和 3 年度から稚エビを育成し、道の駅等で
の販売を目標とする。
④ 新規就業者への育成
漁協は、以前より地元高校の海洋専門コース 2 年、3 年合計 56 名を対象に、漁業者の指
導で生徒自らが手造りのタコツボをつくる等の体験漁業を年 1 回実施する。
加えて秋にはワカメの種糸から発芽したワカメを養殖縄に巻きつけて本養生する体験を
実施し、春には収穫実習も行っていることから、このような取り組みを通じて広く新規
就業を求める活動を積極的に展開していく。
また、組合関連ホームページのアクセス数が年間 7 万件あるので、今後は新規就業者募
集の場として活用する。
⑤ 地元小学校への魚食普及
漁協は、以前より町内の 3 小学校を潮干狩りに無料で招待し、試食用としてアサリを
お土産に渡し、魚食の普及を進めてきた。
また、現在、地元小学校や他市からの漁港見学を受け入れる等、漁業に対する関心を高
める運動を行っており、今後も継続して実施していく。
⑥ 漁獲物の再放流及び種苗放流、増殖
全組合員は、資源管理規程にそって漁獲した小魚は再放流するとともに、平成 23 年
から資源増殖推進事業により実施しているガシラの稚魚や、稚ナマコを放流しており、
今後とも継続推進する。
⑦ 漁業環境の保全事業
全組合員は、海底耕耘や漁場環境の保全事業を実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 淡輪漁業協同組合
住所 〒599-0301
大阪府泉南郡岬町淡輪4582の地先
電話番号 072-494-3069