浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|泉大津地区地域水産業再生委員会

泉大津漁業協同組合

取組概要 販売方法の移行とブランド化の推進
キーワードブランド化
ディレカ水・氷
スラリーアイス
販路その他
取組タイプ機能整備(市場統合など)
魚種 イワシシラス
イカナゴ
スズキ
チヌ
タチウオ

浜プランの取組内容

1.漁業収入の向上と雇用問題改善のための取組
①販売方法の移行による魚価の安定化
漁業収入向上や雇用問題の改善を図るため、船びき網漁業者の主な漁獲物である「イカナ
ゴ・シラス」の販売方法を、従来の相対販売方法から、岸和田市地蔵浜の大阪湾鰮巾着網漁協
の競り場への水揚げに移行することで、魚価の安定化と収益の向上が図られたことから、引き
続きこの取組みを継続する。また、今後もこの状態を続けられるよう、資源管理を適切に行いな
がら、資源の維持と漁業所得の安定に努める。
②船曳網以外の魚価の安定化、鮮度保持によるブランド化の推進を継続的に図る。
刺網漁業者等の主な漁獲物である「スズキ・チヌ・タチウオ等」の「神経抜き」や「船上血抜き」
は高鮮度維持による魚価単価の向上を図れることはわかったが、作業や手間を敬遠する漁業
者も多いことから、作業の簡素化や安全性の確保などについてのマニュアル作りを行う。また、
ディレカ水やディレカ氷あるいはスラリーアイスを用いた鮮度保持に切り替え、簡素な作業での
鮮度保持方法を検討し実施することで、高鮮度な商品を安定供給することができ、広く流通させ
ることにより、泉大津漁協の水産ブランド化を図る。
イベント参加や異業種交流を積極的に行い、PDCA サイクルを回すことで、販売促進やブラン
ド化の推進を進める。
③ブランド化の推進
ブランド化については、シーフードショーへの出展等で、販売促進に努めたが、ロットや輸送
費の問題で販路拡大には結びつかなかった。今後は市場調査等を十分に行い、市場が求める
条件を把握し、それらに対応できるようにする。また、独自での販路拡大以外にも、刺網部会と
府漁連が取り組んできた『魚庭(なにわ)あこう』については、ブランド化に取り組み成果が上が
りつつあるため、これらの取組も積極的に行いブランド化の推進を図る。また、地元や近隣のイ
ベント等に積極的に参画し、ブランド化の浸透を図る。
上記の取組に加え、先進地視察などの情報収集や操作が簡易なフェイスブックを用いた情
報の発信等を行いブランドの普及を図る。
④新規就業者確保ならびに後継者育成の確保を目指した取り組みの実施と改善。
近隣の若手労働者の確保に取り組んだが、新規就業者を集めることができなかった。今後は
『就業者支援フェア』などを活用し、広い地域からの若手就業者の確保を図る。
⑤種苗放流による資源の増大と放流魚種の付加価値向上
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所により、栽培漁業施設が改築されることに伴い、令
和 4 年度から放流量が増加するキジハタについて、資源管理や付加価値向上に取り組み、確
実に所得向上に繋がるようにする
2.漁業コスト削減のための取組
①低速走行による燃油の削減については、成果を挙げているため、引き続きこの取組みを推進
する。
②漁船清掃等による燃油の削減については成果を挙げているため、引き続きこの取組みを推
進する。
③省エネ機器の導入については成果を挙げているため、引き続きこの取組みを推進する。
④漁獲物運搬船の共同化については、まずは少人数で試験的に実施し、省エネ効果を確認するこ
とで、賛同人数を増やしていき、事業化を進める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 泉大津漁業協同組合
住所 〒595-0054
大阪府泉大津市汐見町116
電話番号 0725-32-2310