浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|西鳥取地域水産業再生委員会

西鳥取漁業協同組合

取組概要 観光との連携
キーワードカキ小屋
無給餌養殖
観光漁業
販路その他
取組タイプ観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 ノリ
ワカメ
カキ
ナマコ

浜プランの取組内容

〇観光との連携に向けた取組
・漁協は、1期で成果の出ているカキ小屋を継続する。
・カキ・ワカメ・ノリなどの無給餌養殖において、カキ養殖作業(稚貝の種付け、収穫、
カキ割り)やワカメ養殖作業(種糸付け、収穫)、ノリ養殖作業(ノリ漉き)などの体験
型観光漁業との連携を図る。
・カキ小屋や体験漁業を通じて、港の PR をし、漁港内で旬の魚や加工品を販売する。
・新たな観光漁業の取り組みとし「すだて遊び」に着目。カキシーズン以外の事業の確
立を目指す。また、多種多様な漁業種類を活かし、底曳網漁や定置網漁などの観光資源
化も図る。
・漁業者と NPO、企業等の連携により、多くの顧客の確保と、多様な技術や経営方法を
学び収益向上を目指す。
・漁協は、観光漁業を充実させることにより、新たな仕事を生み出し漁業収入を安定さ
せ、新規就業者の確保に繋げる。
〇地域に根ざした漁港
・漁協は、地元小学校が推進する海洋教育(アマモ場保全・再生、漁業体験、漁業の伝
承)への協力を継続する。
〇老朽化した漁港施設の整備
・漁協は、魚の鮮度保持のため、老朽化した製氷機に新しい製氷機を導入する事により
氷の安定供給が出来るようにする。結果、魚の品質向上に繋がる。
◯漁場環境保全・資源管理の取り組み
・漁協は、NPO や大阪府立大学と連携して、カキ殻の再利用によるナマコの生息環境創
造および、岡山県東部の日生町漁協でも効果が確認されているカキ筏周辺の底質環境改
善効果について検討・試験を行うとともに、企業による環境改善技術や漁場改善技術な
どの実証試験に協力する。また、NPO と連携して、貝毒プランクトンの増殖抑制効果が
期待できる殺藻細菌を多く有すると言われているアマモ場の保全・再生を継続する。
〇漁業コスト削減のための取組
・漁業者は、燃油削減の為計画的な船底清掃の推進や減速航行、省エネ機器の導入、漁
業経営セーフティーネットの活用を促進する。また、新たな漁船の導入により、補修・
改修・検査費用等のランニングコストの 低減を図ることにより、コスト削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 西鳥取漁業協同組合
住所 〒599-0204
大阪府阪南市鳥取1115
電話番号 072-472-0009