浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大阪府|田尻地区地域水産業再生委員会

田尻漁業協同組合

取組概要 日曜朝市の強化、水産加工場の設営
キーワードワカメ養殖
カキ養殖
直売所
販路その他
取組タイプ飲食施設
魚種 ワカメ
カキ
スズキ
タイ
サワラ

浜プランの取組内容

基本方針①:漁獲漁業の強化
漁業者は、従来の漁業を強化する。観光漁業事業の経験によって、消費者に水産物を直接
提供する意識が高まり、若手中心にこれまでなかった漁業職種への取り組みが始まっている
ので、それらを伸ばしていくよう図りたい。
●わかめ養殖
●カキ養殖
●底曳網・流し網
基本方針②:日曜朝市の強化
漁協が直接主導し、来場者の維持・増加を目指す。海面養殖や比較的大型の漁船漁業以外の
刺し網やカゴなどの職種は、日曜朝市の強化によって収入向上を図る ものとする。
魅力を強化するため以下のような施策が必要。
●水産物販売の強化~水産物店舗の構成率 UP
府内をはじめ全国他地域とも連携した水産物確保
わかめ等加工商品の研究開発 等
●地場農産物の強化
●6 次産業化産品の紹介・販売
●地場商工産品の紹介・販売 等
※上記施策全般に 6 次産業化サポートセンターの支援も得て取り組む。
基本方針③:漁業収入向上のための事業インフラの整備・改編
漁協は、漁業収入の向上を図る取り組みを支えるため、老朽化あるいは不足している以下の
事業インフラの整備・改編を実現するべく努力する。
●水産加工場の設営
新しい従来の漁業の取り組みなどから十分な収入・所得が得られるよう、また様々に将来
を切り開くチャンスを得られるよう、水産加工場の設営に取り組む。わかめの塩蔵~芯抜
き加工をこなせることを基本に、様々な魚種の切り身加工~包装などをこなせる地域
HACCP 対応の施設としたい。
●新ビジターバースの設置
1 期浜プランからの継続検討。漁港初の海の駅でもある当漁港の魅力を底上げし、漁業収
入の支えとなる集客力を強めるため、海からの来港客を増やしたい。
●水道光熱設備の増強
●冷凍庫・冷蔵庫の増強
●シャワー設備他「海の駅」に必要な設備の設置・増強
基本方針④:漁業コスト削減のための取り組み
漁業者は、漁業コスト削減のため、1 期浜プランから継続して以下の取り組みを行う。漁協
は、その取り組みを指導、支援、管理、促進していく。
●船底清掃や減速航行による省燃油活動
●漁船積載物の低減による船体の軽量化
●休漁や操業時間の短縮による燃油コスト等の削減
●協業体制化による全作業の効率化
●組合員のうちの整備技能保有者による船舶等定期点検の導入等
●省エネ機器の導入
基本方針⑤:その他の発展的な取り組み
●陸上養殖の研究
この先安定的な漁業経営のためには「つくる漁業」の可能性も検討すべき。海面養殖は 2
期浜プランの主要テーマであるが、エビ等の陸上養殖についても研究を進める。
●一次産品の輸出入の研究
一次産業全体の大きなテーマにもなっている分野であるが、臨空エリアでもあり、幅広く
可能性について研究する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 田尻漁業協同組合
住所 〒598-0093
大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1番地
電話番号 072-465-0071