浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

広島県|東広島市水産業再生委員会

早田原漁業協同組合

取組概要 カキ養殖の安定化、加工体制の近代化
キーワード道の駅
殻付きかき
ロゴマーク
販路域外流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 カキ
マダイ
メバル
キジハタ
オニオコゼ

浜プランの取組内容

漁業収入向上のための取組
【かき養殖業】
① 養殖生産の安定化
・漁業者は三津湾の生産力を有効に利用するため、湾内における餌料の分布状況に基づ
いた漁場の配置計画を作成し、次期区画漁業権配置に反映させる。
・漁業者の活動グループは、東広島市や研究機関等と連携し、かき筏への施肥等、三津湾の貧栄養化によるかきの成育不良の改善に取り組む。
・かきを食害するクロダイの釣場として養殖筏に遊漁者を案内し、クロダイを遊漁者が
釣ることで外敵生物を駆除すると共にその話題性から安芸津のかきの知名度を向上させ
る。
② 加工体制の近代化
・徹底した品質管理と衛生管理により、かきの品質及び安全性を向上させ、価格の向上
とシェアの拡大を図るため、海水氷製氷機等の品質向上に必要な衛生設備や殻付きかき
の処理に必要なスペースを有する新たな共同加工場を整備する。
③ 殻付きかきの増産
・むき身かきに比べて単価の高い殻付きかきの生産割合を高め、漁業収入を向上させる。
このため、②、④に掲げる加工場の整備、販路の開拓を合わせて行う。
④ 消費拡大・付加価値化
・統一パッケージ、ロゴマークを作成し、「安芸津産かき」の知名度向上を図る。
・高価格で販売可能な直売を促進させるため、現在のかき直売所マップをより集客効果
のあるものに改良する。また、東広島市観光協会や東広島市農林水産物販路拡大推進協
議会等と連携し、HPやSNS等でのPRを行う。
・令和 4 年度に完成予定の「道の駅西条 のん太の酒蔵」や新たな共同加工場に併設す
る直売所において消費者への直接販売やPRイベントを行う。合わせて、インターネッ
ト販売の充実を図り、新たな販路を開拓する。
【海面漁業】
① 漁業生産の安定化
・キジハタ、オニオコゼ、メバル等の定着性が強く、経済価値の高い魚種の種苗放流を
実施する。
・干潟の機能回復を目指し、干潟保全活動を行う。
・漁場の機能回復のため、漁業者の活動グループが定期的に底びき網による海底清掃を
行う。
・安芸津漁協及び早田原漁協の資源管理計画に基づく取組により資源を適切に保護し、
安定的な漁業生産を持続させる。
② 消費拡大・付加価値化
・かきの共同加工場に整備する製氷施設の利用により、漁獲物の品質向上を図る。
・地元漁師飯の飲食店での提供等、魚食文化の普及と漁村活性化に向けた取り組みを行
う。
③ 漁業就業者の確保・担い手の育成
・漁業就業者数が減少していることから、国及び広島県の補助事業等を活用し、新規漁
業就業者の確保・担い手の育成に取組む。
【その他】
・漁協の資本力を強化し、対外的な信用力を高め、6 次化商品の開発など組合員の収益向
上につながる良質なサービスを提供するため、期間内での漁協合併を検討する。
漁業コスト削減のための取組
① 施設等の共同化
・新たな共同加工場を整備し、海水氷製氷機等の機器や設備を共有することで、各経営
体の運営コストの低減を図る。
・漁業者間での事業の継承や集約、打ち子の共同募集等による経営の効率化を図る。
② 養殖施設の配置見直し
・漁業者は、連結させる筏の台数を調整することで沈錘、ワイヤー等の係留費用を節減
するともに筏移動等の作業時間を短縮させる。
③ 自然災害や事故等への備え
・自然災害や不慮の事故への備えとして、共済保険や漁船保険等への加入を推進する。
④ 燃油高騰に対する備え
・燃油急騰による漁業経費の増加に備えるため、漁協は漁業者の漁業経営セーフティー
ネット構築事業への加入を関係団体と推進する。
⑤ 省燃油活動の推進
・国のリース事業等を活用して漁船船体、機関の更新を図り、燃費を向上させる。
・定期的な船底清掃(付着物除去と塗装)、不要不急の船内積載物の除去による船体の軽
量化、減速走行の徹底等を実施して燃油消費量を減らす。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 早田原漁業協同組合
住所 〒739-2402
広島県東広島市安芸津町三津5792-2
電話番号 0846-45-0050