浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

愛媛県|壬生川地区地域水産業再生委員会

壬生川漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)

取組概要 漁獲物の販売方法の改善、ノリの養殖方法の見直し
キーワード活魚出荷
ブランド化
産直市
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 ヒラメ
カレイ
タチウオ
アナゴ
ノリ

浜プランの取組内容

前期浜プランでの実践内容と効果検証を踏まえ、新たな視点を取り入れつつ引き続き、対
象漁業者の漁業収入向上と漁業コストの削減の取組を実践する。基本的には、1 期浜プラン
の取組を継承しつつ、その効果が明確に発揮できるような実践につなげていくこととする。
特に、小型機船底びき網漁業については、「漁獲物の販売方法の改善の取組が必ずしも漁
業所得向上に結び付いていない」と同時に、「有用種苗放流後の資源管理が徹底したとは言
い難い」ため、更なる販路拡大と付加価値化と資源管理の徹底に取り組む。また、ノリ養殖
については、1 期浜プランの取組目標であった生産量向上と魚価の安定の取組にあって、「生
産コストが過剰で漁業所得の向上に結び付いていない」点と、「漁場の変化に対応した品種
改良が達成できていない」ため、引き続きこれらのテーマに取り組むこととする。
また、将来的な西条市(壬生川漁協)の漁業を維持していくための「後継者や新規就業者
等担い手の確保」もプラン目標通りには進んでおらず、2 期プランの重要テーマとして位置
付ける。
○漁業収入向上のための取組
①漁獲物の販売方法の改善
※2 期浜プランの新たな視点:更なる販路拡大と付加価値化を推進する。
②効率的な有用種苗放流による漁獲向上
※2 期浜プランの新たな視点:小型機船底びき網漁業による休漁日の遵守や漁獲圧力の緩
和に加え、放流有用種苗の地先海域定着に向けた資源管理を徹底する。
③ノリ養殖方法の見直しによる生産量向上と単価の安定
※2 期浜プランの新たな視点:栄養塩のまわりが良くなるように、養殖枠の間隔を広くと
り、高海水温でも優良なノリが養殖できるよう品質改善に努める。また、優良ノリ株の
保存等のため、ノリ採苗施設整備を検討し、品質及び単価の向上を図る。
④労働環境の改善及び後継者育成
※2 期浜プランの新たな視点:漁業者フェア等に積極的に参加すると同時に、地元の新
規参入希望者の発掘・育成に力を入れる。
○漁業コスト削減のための取組
⑤省燃油活動や減速航行・減速曳網による漁業コストの削減
⑥定期的な船底清掃による燃油コストの削減
⑦ノリ共同加工場の整備と活用によるノリ生産コストの削減


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 壬生川漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)
住所 〒799-1341
愛媛県西条市壬生川547-7
電話番号 0898-64-2019