浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

高知県|高知地区地域水産業再生委員会中央部会

高知県漁業協同組合(中央部会)

取組概要 小型シイラの付加価値向上、衛生管理体制の強化
キーワード学校給食
販路拡大
鮮度管理
販路域内流通
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 シイラ
シラス
ハモ
ニギス
カツオ

浜プランの取組内容

これまで各浜で取り組まれてきた事業を継続・発展させることを方向性の基本とし、併せてコ
スト削減を徹底することで、漁業収入の向上を図る。
■漁業収入向上の取組
シイラまき網漁業においては、漁獲が集中すると浜値が大きく崩れることのあった小型シイラ
の付加価値向上を目的に漁協が平成 21 年から取り組んでいる加工販売事業が業績をのばし販売
力が強化されてきたことで、大漁時の価格の底支え機能が強化され、年間の平均単価の向上につ
ながっている。このため、第2期プランにおいても、引き続き当該事業をプランの中核に位置付
け、漁業者は漁獲量を維持しつつ品質向上の取組を行うほか、漁協は更なる販路拡大と取扱量の
増大により購入割合の増加を図ることで、市場での価格の底支え力を強化していく。また、品質
管理のために、市場や加工場内における衛生管理体制の強化を図っていく。
バッチ漁業においては、漁獲物への充分な施氷を実施し高鮮度による品質向上の取組を引き続
き行うほか、操業時間の自主的な申し合わせにより大漁時等にも柔軟な対応を行うことで過剰な
漁獲とそれによる魚価の下落を抑制し、収入向上につなげていく。
また、漁業経営を持続的なものとしていくためにも、漁業者と漁協は新規就業者の確保に向け
た取り組みを継続する
■漁業コスト削減の取組
地域全体で船底清掃の定期的実施や減速航行を徹底し、燃油消費量の削減を図る。バッチ網漁
業においては、エンジンの計画的な更新を行い、漁業経営の安定化を図る。
これらの取組と平行して、漁業経営セーフティネット構築事業への加入を促進し、燃油高騰に
備え、漁業経営の安定化を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 高知県漁業協同組合(中央部会)
住所 〒780-0870
高知県高知市本町1-6-21
電話番号 (088)854-3600