浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

高知県|高知地区地域水産業再生委員会高岡部会

高知県漁業協同組合(高岡部会)

取組概要 販路拡大と活魚出荷の推進、薄飼いによる高品質魚の生産、販路開拓等
キーワード活魚出荷
体験型観光漁業
養殖業振興
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 ウルメ
アサリ
イセエビ
マダイ
カンパチ

浜プランの取組内容

▼宇佐地区
ウルメイワシの1日1隻あたりの漁獲制限による魚価の維持を引き続き行い、活魚で水揚げし
た宇佐サバ及びアジなどの他の魚種の出荷に関する取組を継続し、取引先の増加と活魚水揚の推
進による水揚金額の増加を図る。さらに海水温に左右されず長期間宇佐サバの出荷が行えるよう
に、市場の活魚水揚用水槽に冷水機を設置する。中層式ビニール魚礁の設置に関しては、逸失を
防ぐため設置場所の選定を行い設置する。アサリ資源の復活に向けた取組については、潮干狩り
の事業化に向けた体制作りと被せ網のメンテナンスに伴う負担軽減のため、より付着生物の付き
づらい目合いの大きい被せ網の検証試験を行い、協議会と協議の上で被せ網を交換する規模を決
定する。また、年1度のヒラメの放流事業は今後も継続する。
▼深浦地区
マダイの薄飼いによる高品質魚の生産、関連企業と連携した販路開拓やPR活動を行う。また、
チヌやエビ、ガザミの放流事業及び底質改良剤の散布による漁場環境保全に取り組む。また、漁
協が運営する釣筏の利用客数の増加を目的とした事業のPR、宣伝活動を行う。
▼池ノ浦、久通、志和地区
県漁業調整規則以上に厳しい独自の規制を実施し、イセエビの資源管理型漁業による資源保護
を図る。
池ノ浦ではウニ駆除による漁場環境保全効果が現れてきているため、駆除の範囲や回数を増加
して取り組む。また、販売用のイセエビの確保や顧客増に向けたホームページの内容の更新と情
報発信を継続する。また、イセエビ以外での収入増を目的として、試験的にヒオウギガイの海底
放流と吊り籠による垂下を行う。また、池ノ浦産イセエビのブランド化を目的としたタグ付け出
荷と密漁対策のパトロールに取り組む。
志和地区では引き続き稚エビの増殖を目的とした間伐材を用いた稚エビ魚礁を設置し、資源の
増殖に努める。
▼上ノ加江地区
体験型観光漁業の推進により、体験漁業講師料や漁家民泊、利用客に提供する魚の供給等によ
る漁業外収入の向上を図る。
体験型観光漁業の知名度向上や新規顧客の獲得のため、地元近隣や県都・高知市周辺の学校や
企業、旅行会社への営業活動を継続するとともに、県外の旅行会社にも営業活動を行う。また、
県の外郭団体である高知県地産外商公社と連携し、東京都中央区に所在する高知県アンテナショ
ップでの紹介や、観光ガイド雑誌やテレビ番組等の取材の受け入れ等による情報発信にも取り組
む。OTA等のインターネットを活用した広報、受注体制の確立を推進するとともに、インバウ
ンド向けの受入体制の構築も行う。さらに、リピーター向け及び荒天時に実施可能な体験メニュ
ーの開発を行い、顧客満足度の向上を図る。
体験型観光漁業の受入れを行う漁業者の高齢化と減少に対応するため、若い世代の漁業者への
技術伝承と新規漁業者の確保・育成に取り組む。また、新たな漁家民泊の開業を支援するため、
必要な手続き等の指導や補助を充実させることで開業しやすい環境を整える。
年2回開催しているイベントを継続し、魚食普及の機会とするとともに、地域の活性化を図る。
また、イベント時には体験型観光漁業の告知PRを行い、新規顧客の獲得を図る。
▼矢井賀地区
観光釣り筏のPRを目的に、中土佐町や観光会社と連携したホームページによる情報発信を継
続し、リピーター及び新規顧客の獲得に努める。
▼各地区共通
第2期浜プラン5カ年の漁業者数は横ばい目標とする。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 高知県漁業協同組合(高岡部会)
住所 〒780-0870
高知県高知市本町1-6-21
電話番号 (088)854-3600