浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

高知県|大谷地域水産業再生委員会

大谷漁業協同組合

取組概要 選別精度の向上と年間を通じた共同出荷、選別落ち魚の販路拡大
キーワード販路拡大
高鮮度処理
飼育施設の増設
販路域外流通
取組タイプ出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 マダイ
カンパチ
シマアジ
ヒオウギ貝
マガキガイ

浜プランの取組内容

〇選別制度の向上と年間を通じた市場への共同出荷
・漁業者は出荷魚のサイズ、外形の選別制度に加え、規格内での出荷サイズを揃えて出荷することで、市場等の評価の向上を図る取り組みを継続する。
・漁協が行う共同出荷は1市場を対象にほぼ年間を通じて行っており、相場下落時であっても当該市場へ出荷することとなる。このため、相場下落や、出荷量の減少等のリスク回避のため、新たな出荷作の確保を検討する。
〇野見湾産養殖魚の版図拡大
・加工業者は地域の養殖生産魚を利用して加工品の生産販売戸、県内外商談会等への参加を行い、養殖産地としての知名度向上戸販売町の拡大の取り組みを継続する。
〇選別落ち魚の付加価値向上
・養殖漁業者は選別落ち魚を楠木鮮魚一での直売や、地元水産加工会社で加工原魚とする等の高付加価値の取り組みを行う。
〇楠木鮮魚一を核とした漁獲物の直売
・定置や釣漁業者等は、アジや近年魚価が向上しているヒラソウダ等の漁獲を活魚や血抜き等の高鮮度処理を行った上で、楠木鮮魚一で販売し漁業収入の向上を図る。
〇高品質で効率的な養殖経営の実施
・漁業者は養殖魚の品質向上を目的とした薄飼いを実施するため飼育設備の常設を検討し、高品質魚の出荷尾数の増加を図る。 
〇新規就業者の確保・指導
・漁業者は地元中学校の職業体験の受け入れ等を行い、地域の若い人材を発掘するとともに県内外の就業者を募集し、また、指導者として新規就業者に対して技術研修を行い、担い手の育成を推進することで将来的な地域の水揚量の増加を図る。
〇漁場環境保全を目的とした休餌日の徹底
・野見湾(大谷漁協、野見漁協)の養殖業者は、休餌日(毎週木、日曜日)を設定し、漁場環境の与える負荷軽減を図る取り組みを継続する。
〇野見湾周辺で5漁協の採貝漁業者の登録制化
・野見湾周辺で採捕される貝類(ちゃんばら、ちょうたろう)について採捕にかかる漁業者を登録制とし、漁獲圧の低減を図る取り組みを継続する。

〇セーフティーネット、漁業共済「積み立てプラス」への加入
・漁業者は漁業経営セーフティーネット構築事業、積み立てプラス等の漁業収入安定対策などを活用し、漁業経営の安定化を図る。
〇省エネエンジン等への更新、省燃油活動の徹底
・漁業者は省エネエンジンの導入、船底清掃の推奨及び出漁時間を早めるなどの減速航行を行う等の燃油消費量を削減する取り組みを継続する。
〇養殖経営の効率化
・養殖業者は適正給餌を徹底し、給餌量の削減を図る。
・養殖業者は給餌量の削減や省人化を目的として新型給餌器の導入を検討する。
・養殖業者はカンパチ養殖等におけるハダムシ対策の省力化、省人化のため、機器類を活用した淡水浴の検討に向け、視察を行うなどして情報を収集する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 大谷漁業協同組合
住所 〒785-0055
高知県須崎市大谷235-52
電話番号 0889-47-0211