浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

長崎県|有川町漁協地域水産業再生委員会

有川町漁業協同組合

取組概要 鮮度管理及び出荷調整による魚価の向上
キーワード活〆
磯焼け対策
神経抜き
販路その他
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 タコ
イカ
トビウオ
シイラ
イサキ

浜プランの取組内容

①魚価向上
・魚種に応じて漁獲直後の第一次冷やし込みの適切な管理を行い、出荷物の鮮度統一化を図る。
・活〆、神経抜きをすることで付加価値向上を図る。
・鮮魚出荷である魚種であっても短期畜養が可能な魚種は、出荷調整し魚価の向上を図る。
②漁獲量の増加
・漁業種類が限られるが、盛漁期には1日あたりの出漁回数を増加させることで操業効率の向上を図り、漁獲量の増加による収益向上を図る。
③磯焼け対策
・一部の地域では食害生物の駆除により藻場をいししているが、食害生物の駆除を継続するとともに新たに藻場の増殖に取り組むことにより藻場の拡大を図る。
・食害生物の情報を一般の遊漁者に拡散しリリースしないよう要請することで、日常的な駆除活動の増加を図る。
④生産性の向上
・漁業者が減少するなか、好漁場への転換による生産性の向上を図る。
⑤新規就業者対策
・雇用環境の改善策を模索しつつ、就業者関連のイベントへの参加、情報の収集、外国人研修生の受け入れ体制の準備を行い、雇用型漁業の安定した経営を図る。また、新規就業者においてはベテラン漁業者による指導、効率性のある漁業種類を斡旋し年間を通じた安定収入を図る。
⑥技術の継承
・漁業経験の積み上げには時間がかかるため、新規就業した漁業者に対し、ベテラン漁業者の技術等を継承することで経験不足を補い収入向上を図る。また、新たな漁業種類を増やすことで年間を通した操業スケジュールの作成を可能とし、効率的に収入向上を図る。
⑦情報の共有化
・当地域の中でも東側海域と西側海域では漁獲物の来遊状況が異なるため、その情報を共有することで漁獲予想を可能とし、漁獲効率、収益の向上を図る。
⑧漁港機能の維持管理
・漁港整備が完了後、担当の年数が経過している漁港においては温暖化による海水面の上昇や台風の大型化による機能低下が懸念されている。漁港機能診断に基づく機能保全工事など必要に応じた漁港の整備を行う。
・漁業者の就労環境改善を図るために、浮き桟橋など必要に応じた施設の整備を行う。

①省燃油活動
・本土より燃油が割高であるため、出港、帰港時の減速航行や、船底状況を確認し適宜清掃を行う。また、船底、及びプロペラ、シャフトの付着物軽減対策を施し使用燃料の削減を図る。
②低生産性魚種の活用
・島外出荷経費に見合わない漁獲物、出荷しても安価な漁獲物は島内養殖業者の餌料にするか利益が出ない前提での出荷を行うことが一般的であるが、島内加工業者(漁協含む)に加工原料として供給することで島外出荷経費の削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 有川町漁業協同組合
住所 〒857-4211
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷382-13
電話番号 0959-42-0019