浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

長崎県|深江地区地域水産業再生委員会

深江町漁業協同組合

取組概要 養殖事業の規模拡大、鮮度維持、加工品開発
キーワード新規養殖
活け締め
エソ加工品
販路その他
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 クルマエビ
イカ
ヒラメ
ヒジキ
ワカメ

浜プランの取組内容

本地域では漁業者の高齢化が進んでおり、その傾向は今後も続く事が予想されることから、下
記の方針を基本とし、地域水産業の継続を図る。
【生産】
・・前期で新規導入したヒジキ養殖は規模拡大に取り組み、ワカメ養殖は更なる規模拡大を図る。
・ヒトエグサ養殖を新規に開始する。
・マナガツオ漁獲のため漁業権の調整を行い、漁法の導入を行う。
・漁業者と漁協は、漁港及び漁場施設の適正な利用に努めるとともに、管理者に対して必要な施
設整備を要請するなど安定的な生産体制を維持する。
【漁業資源の維持】
甲イカの産卵場造成を行い、漁業資源の維持・増大を図る。
【鮮度維持】
・高鮮度保持による魚価向上を図るため、活き締めを徹底する。また、令和元年度に整備した製
氷施設を活用し、溶けにくいクレセントアイスでの鮮度保持を図る。
【クルマエビ養殖】
・クルマエビ養殖場の区画施設に隙間が生じていることから、機能維持のための適切な方法を検
討し、修繕等の対策を講じる。
・活きエビ出荷の規格外のものについて、現行品は変色防止のため海水ごと冷凍して出荷してい
るが、海水氷込みの重量で販売となっていたため、原料のエビに換算すると安価であり、少量
のみを購入、解凍して使用することが出来ず小分け製品の要望が強かったことから、真空包装
機、急速冷凍機器を整備し、小分けした冷凍真空パック包装商品を開発する。また冷凍エビに
も活用できないで廃棄処分となっているエビを利用した加工品の商品化、販路開拓を行う。
【水産加工品の開発】
・地域で多く漁獲されるエソは、売れないため水揚げしていないが、すり身製品としての活用の
目処が立ったため、商品化することにより収入増に繋げる。
【流通】
・前期で取り組んだ地元の仲買、量販店、飲食店、魚市やインターネットによる直接販売の取扱
量を拡大し魚価向上を図る。
・地域で水揚げされる主要魚種である甲イカ、ヒラメや水産物加工品を南島原市の地域ブランド
である「おいしい南島原」の認証を受け、知名度の向上や販路拡大に取り組む。
【漁場環境保全】
・水産多面的機能発揮対策事業等を活用し、藻場や干潟の保全活動に取り組む。また、県が行う
水産環境整備事業に協力し、底生生物の生息環境の改善を図るため、海底耕うんを行う。
【水産物需要の拡大】
・地域の小中学生や PTA を対象として魚料理教室やアマモの学習会などのイベントを開催し、
地元で獲れる水産物の情報発信を図り、水産物の需要拡大及び地産地消を推進する。
【後継者対策】
・県の事業を活用し漁業後継者の確保・育成を図る。また、I ターン者受入のため空き家などの
住居情報の収集を行い、受け入れ確保の取組を市と連携して行う。
【漁業コスト削減】
前期取組に引き続き、船底清掃の実施、減速航行及びエンジン機器のメンテナンスを実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 深江町漁業協同組合
住所 〒859-1503
長崎県南島原市深江町丙131
電話番号 0957-72-2005