浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

長崎県|布津地区地域水産業再生委員会

布津町漁業協同組合

取組概要 養殖の複合経営、活魚出荷率の向上
キーワード活魚出荷
活け締め
ワカメ・ヒジキ養殖
販路域内流通
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 タイ
クルマエビ
タコ
ヒジキ
ワカメ

浜プランの取組内容

本地域では漁業者の高齢化が進んでおり、その傾向は今後も続く事が予想されることから、下
記の方針を基本とし、地域水産業の継続を図る。
【生産】
当地区の藻類養殖の課題である、高水温に対応したワカメの種苗(種糸)づくりや、ヒジキの
種苗確保と養殖適地の検討などの課題解決を図りながら、漁船漁業と藻類養殖の複合経営を進
め、経営安定を図る。
漁業者と漁協は、漁港及び漁場施設の適正な利用に努めるとともに、管理者に対して必要な施
設整備を要請するなど安定的な生産体制を維持する。
【活魚出荷率の向上】
活魚出荷主体のマダイ、クルマエビは、活魚水槽の海水冷却装置が老朽化により機能が低下し
ているため、特に夏季においてはへい死・衰弱するものが多くなり、結果として価格の安い鮮魚
出荷の割合が増加している。そのため、活魚水槽冷却装置を整備し、活魚出荷率の向上を図る。
【操業の効率化】
ごち網漁船の網の巻上機は1人操業を想定していない旧式であるため、1人では使いにくく、
老朽化による機能低下がすすんでいるため、揚網にかかる時間と労力が余分に必要となってい
る。そのため、1日あたりの操業回数の減少による水揚げの低下や、漁獲物の鮮度や活魚率の低
下が生じている。高齢化と人手不足が深刻な当地区においては効率化と省力・省人化が可能な新
式の巻上機の導入が急務である。そこで、県や市の支援により巻上機を整備し、漁獲の維持や活
魚出荷率を回復させるとともに、1人でも操業できる環境を整備し漁業の継続を図る。巻揚機の
整備は5年かけて各漁船順番に整備する。
【鮮度向上】
鮮魚として出荷する漁獲物は、船上で活き締めを行った後、水氷へ漬け込むことで高鮮度出荷
を行う。
【水産加工品の開発】
加工業者と連携してマダイ加工品の開発を完成させ、マダイの大量漁獲による魚価低迷時の魚
価の底上げに取り組む。また、開発できた加工品は、南島原市の地域ブランドである「おいしい
南島原」の認証を目指す。
【漁場環境保全】
水産多面的機能発揮対策事業等を活用し、藻場や干潟の保全活動に取り組む。また、県が行う
水産環境整備事業に協力し、底生生物の生息環境の改善を図るため、海底耕うんを行う。
【後継者対策】
県等の事業を活用し漁業後継者の確保・育成を図る。
【漁業コスト削減】
前期に引き続き、船底清掃、減速航行及びエンジン機器のメンテナンスの実施により燃油使用
量の削減に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 布津町漁業協同組合
住所 〒859-2112
長崎県南島原市布津町乙1642-7
電話番号 0957-72-2348