浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

長崎県|西有家地区地域水産業再生委員会

西有家町漁業協同組合

取組概要 養殖の複合経営、活魚出荷率の向上
キーワードワカメ・ヒジキ養殖
活け締め
活魚出荷
販路域内流通
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 ワカメ
ヒジキ
タコ
トラフグ
カサゴ

浜プランの取組内容

本地域では漁業者の高齢化が進んでおり、その傾向は今後も続く事が予想されることから、下
記の方針を基本とし、地域水産業の継続を図る。
【生産】
漁船漁業の経営安定のため、ヒジキ・ワカメ養殖を複合的に経営し、養殖拡大を図る。
漁業者と漁協は、漁港及び漁場施設の適正な利用に努めるとともに、管理者に対して必要な施
設整備を要請するなど安定的な生産体制を維持する。
【活魚出荷率の向上】
活魚出荷の方が鮮魚出荷よりも魚価が向上する魚種については活魚出荷してきたが、活魚槽内
の海水冷却装置の機能低下により、出荷前の漁獲物が斃死する事態が生じている。そのため、海
水冷却装置を改修し、活魚出荷率の向上による価格向上を図る。
【鮮度向上】
製氷施設の老朽化により氷の供給が不足する状況であったが、令和 2 年度に溶けにくいクレセ
ントアイス製氷機を整備することで氷の安定供給が可能となり、前期に不十分だった漁獲物の鮮
度保持のため水氷での保存を徹底する。また、主に延縄漁業で漁獲されるカサゴの活き締めを徹
底する。
【品質向上】
一本釣り漁業で漁獲されるトラフグについて、魚体への傷防止のため「かえし」のない針を使
用する。併せて、船上に揚げる際に針から外れても逃げないよう、たも網を使用する。
また、延縄漁業で漁獲されるカサゴが針を飲み込んでいる場合があるが、鮮度が低下するため
針を抜くことができない。その際は、針が残っていることが解るよう糸を長めに残して切断する。
【資源管理】
水産資源の維持・増加を図るため、漁協で策定している資源管理計画を遵守する。また、長崎
県漁業調整規則、日本海・九州西広域漁業調整委員会指示及び自主規制により設定しているガザ
ミの禁漁期間や休漁期間及び小型漁獲物の再放流を厳守する。
【漁場環境保全】
水産多面的機能発揮対策事業等を活用し、藻場や干潟の保全活動に取り組む。また、県が行う
水産環境整備事業に協力し、底生生物の生息環境の改善を図るため、海底耕うんを行う。
【後継者対策】
国・県等の事業を活用し漁業後継者の確保・育成を図る。また、I ターン者受入のため空き家
などの住居情報の収集を行い、受け入れ確保の取組を市と連携して行う。
【漁業コスト削減】
船底清掃の年 4 回実施、減速航行及びエンジン機器のメンテナンスの徹底により更なる燃油使
用量の削減に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 西有家町漁業協同組合
住所 〒859-2212
長崎県南島原市西有家町須川3239
電話番号 0957-82-2077