浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

大分県|佐伯地区地域水産業再生委員会 鶴見地区作業部会

大分県漁業協同組合(鶴見支店)

取組概要 養殖魚のブランド化、イワガキの試験養殖等
キーワードブランド化
試験養殖
加工品開発
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 ブリ
タイ
イサキ
イワガキ
マグロ

浜プランの取組内容

【漁業収入向上のための取組】
① 漁場の管理・改善の取組
次の事項に取り組むことで、生産量、生産額の増大を図る。
・漁場環境の維持及び改善
サメ駆除、藻場造成、海岸清掃、赤潮警戒等により良好な漁場環境を維持、改善し、もって漁
獲高の向上に取り組む。
・種苗放流
各漁業種類における各種主要魚種(魚類、甲殻類、貝類)の種苗放流を行い、漁場生産性の維
持、向上を図るとともに、資源管理の重要性に対する漁業者の認識を深めることで広域資源管理
の推進に取り組む。
② 付加価値の向上の取組
次の事項に取り組むことで、魚価の向上を図る。
・養殖魚のブランド生産等
地域特産のかぼすを利用した差別化によるブリのブランド生産、豊富な餌を安定的に確保でき
るという地理的利点を活かしたマグロ養殖の生産拡大によるブランド化、6次産業化に取り組
む。
・漁船漁業(旋網・底曳網・一本釣り)の活魚、活き締め等鮮度保持出荷
活魚出荷や活け締め等出荷の鮮度管理による付加価値向上に取り組む。
・加工品開発
潜水・海藻漁業で駆除する植食性魚類のブダイ等を食材とした加工品開発に取り組む。
③ 新規養殖業の着業への取組
次の事項に取り組むことで、兼業化による漁業収入の安定化を図る。
・イワガキ養殖
漁業者の収入安定を図るため、イワガキ養殖の兼業に取り組む。
・ヒジキ養殖
漁業者の収入安定を図るため、ヒジキ養殖の兼業に取り組む。
④ 魚食普及の取組
次の事項に取り組むことで、販路拡大を図る。
・イベント参加
地元水産物の認知度向上による販路拡大と魚価水準の向上を図るため、地域内外のイベント参
加等に取り組む。
⑤ 公設市場機能の向上の取組
次の事項に取り組むことで、市場評価を高め産地ブランド化を図る。
・市場の水産物流通機能の強化
公設鶴見産地市場の有する衛生管理や鮮度保持の機能を最大限に活用し、同市場で取引される
豊富で多様な水産物の評価を全般的に高めることで産地そのものをブランド化し、もって本地区
水産物の魚価水準の向上に取り組む。
【漁業コスト削減のための取組】
・省燃油活動の推進、漁業経営セーフティーネット
省燃油活動の推進や漁業経営セーフティーネットへの参加促進を引き続き進めることで、燃油コ
ストや養殖用飼料等のコスト維持、削減や漁業資材高騰によるリスク回避に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合(鶴見支店)
住所 〒876-1202
大分県佐伯市鶴見大字地松浦206-16
電話番号 0972-33-1121