浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

鹿児島県|種子島漁業協同組合地域水産業再生委員会

種子島漁業協同組合

取組概要 魚価向上と販路拡大、担い手の確保育成
キーワードブライン凍結
料理教室
活魚出荷
販路域外流通
取組タイプ新商品開発
魚種 メダイ
カンパチ
ゴマサバ
アオリイカイカ
キビナゴ

浜プランの取組内容

1.漁業収入の向上対策
①魚価向上
・漁協及び漁業者は地元水産物を地域のイベント販売などでPRし、地元消費者の認知度を向上させる。
・漁協及び漁業者は地元の食生活改善推進員等との連携により、魚食普及を推進し地魚の地元消費を拡大する。
・漁協及び漁業者は高鮮度の急速冷凍加工品や消費者ニーズに応じた加工品を開発し、水産加工業者等と連携して安定的な価格の維持戸供給を図る。
・漁協及び漁業者は単価の安い水産物を原料とした加工品の開発や活魚出荷の増加等により付加価値向上を図る。
・漁協及び漁業者はより鮮度の良好な状態で出荷できる体制を構築し、単価の上昇を図る。
②販路拡大
・漁協及び漁業者は島外における種子島産水産物販売量を増加させるため、これまでの市場流通の他に直接、消費者にも積極的な営業を実施し、新たな販路を開拓する。
・漁協及び漁業者は観光客、就学旅行客などの交流人口の増加に向け、観光教会など関係機関と一体となった地魚の消費拡大対策を講じる。
③担い手の育成確保
・漁協及び漁業者は安定的な漁業生産の維持のため、県及び漁連の就業者フェア、研修制度を活用して積極的に新規就業者の確保を図り、市町とも協力して住環境等の生活情報を提供するなど漁業就業・定住のためのフォローアップを行い、担い手の育成に努める。
2.漁業コストの削減
①燃油高騰への対応
・漁業者は船底清掃の徹底、省エネ航行の実施により、燃油コストの削減を図る。
②輸送コストの軽減
・漁協及び漁業者は水産業成長産業化沿岸地域創出事業を活用し、漁船の更新を進め、共同出荷の推進による輸送コストの削減を図る。
③操業の効率化
・漁協及び漁業者は創業前に漁業者間でプランを共有しつつIT機器を活樋下情報交換による効率的な操業を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 種子島漁業協同組合
住所 〒891-3111
鹿児島県西之表市西町192
電話番号 09972-2-0620