浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

沖縄県|伊平屋村地域水産業再生委員会

伊平屋漁業協同組合

取組概要 モズク養殖の生産向上、加工商品の開発及び販売促進
キーワード陸上養殖
モズク養殖
マリーン体験
販路その他
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 モズク
ソデイカ
マグロ
ブダイ
ヤイトハタ

浜プランの取組内容

効率的で安定的な漁業経営を目指し、漁業資源の持続的な利用を図るため、次の活動に取り組み、地域の活性化を図る。
【収入の向上】
(1)モズク養殖の生産向上
①漁業者は、種付けする網の枚数を 1 年につき 5 枚ずつ増やすことで収穫量の増加を図ると共に、沖縄県海洋技術センターが実施している種付け技術講習会を受講し、種培養の安定化を図ることでモズク網 1 枚あたりの収穫率向上に努める。
②漁協と既存漁業者は、新たに加入(従業員からの昇格)するモズク生産者の就業を支援する。
③漁協は、老朽化した給油施設の整備について行政に対して要望を行い、村は要望に基づいて整備を実施することで、給油待ちによる時間的ロス(軽油)や携行缶による給油の負担(ガソリン)を解消し、モズク養殖に使用する漁船の運用安定化、生産の効率化を図る。
(2)鮮魚のスムーズな受け入れ体制の確保
漁協は、荷捌き場の整備について行政に要望を行い、村は要望に基づいて整備を実施することで、鮮魚の受け入れ体制を強化し、漁業活動における利便性の向上を図る。
(3)加工商品の開発及び販売促進
漁協は、地元で水揚げされた水産物を用いた加工商品(魚汁等のチルド商品)を開発し、伊平屋村商工会と連携して PR を図り、来島する観光客や(4)のマリーン体験者も含め、島内外への販売促進を目指す。
(4)漁業体験学習の受け入の推進
漁業者は、伊平屋島観光協会と連携し、令和元年度から開始している高等学校のマリーン体験の受入れを継続し、追い込み漁等の体験漁業をメニューに含めることで学習の場の提供を推進する。
漁協は、観光協会からの受け入れ要望に対して、日程調整、漁業者の配置を行う等の実施支援を行う。
【コスト削減】
(1)漁船の減速航行及び船底清掃による燃油削減
漁協及び漁業者は、漁船の減速航行や船底清掃による負荷の軽減によって、燃油の消費を抑制し、コストの削減を図る。5 年目には、漁船所有者(64 名)の 60%以上(40 名)が船底清掃を実施する。
(2)漁業共済・積立プラス・漁業経営セーフティーネット構築事業への加入促進 漁協及び漁業者は、燃油価格高騰等に伴う漁業経営圧迫に備え、共済等への加入を促進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 伊平屋漁業協同組合
住所 〒905-0703
沖縄県伊平屋村字我喜屋217-30
電話番号 0980-46-2368