浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|石狩地区地域水産業再生委員会

石狩湾漁業協同組合

取組概要 船上活〆にしんのブランド、ナマコ等の資源増大
キーワード船上活〆
人工ふ化放流
未利用資源活用
販路域外流通
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ニシン
カレイ
ヒラメ
ナマコ
サケ

浜プランの取組内容

当地域は、サケやニシンを始めとする漁船漁業が主要漁業であるが、全道的なサケの不振、漁業者の減少や高齢化、トドによる漁業被害の増大など、水産業・漁村をとりまく情勢は極めて厳しい状況にある。当委員会は、これらのことを踏まえ、地域の水産業が将来にわたり魅力ある産業として発展し、漁業者全員が安心して漁業経営を営めるよう、北海道及び石狩市の指導のもと、「浜の活力再生プラン」を策定し、漁業所得の向上と漁業経費の削減による漁家経営の安定と当地域の活性化を目指し、次の活動に取り組む。

(1)水産資源の持続的な利用を図るため、適正な資源管理及び漁場の管理・保全に努めるとともに、資源の増大を図るため、次の取り組みを行う。
・種苗放流による資源の維持・増大(ニシン、ヒラメ、サケ・マス、ウニ、アワビ)(継続)
・ナマコの人工ふ化放流手法の確立による資源の増大(新規)
・ハタハタの人工ふ化放流による資源の増大(継続)
・ホッキ漁場における漁場耕耘や資源量調査に基づく漁獲制限量の設定による資源維持(継続)
・操業規制や休漁日の設定による漁獲圧及び漁獲努力量の削減による資源管理の推進(サケ、ナマコ、コンブ)(継続)
・水産環境整備事業による魚礁及びハタハタ増殖場の整備促進による資源の増大(継続)
・ヨーロッパザラボヤの定期的な駆除によるホタテガイの成長阻害及び斃死の防止(新規)
(2)魚価安により漁業利益が十分に確保できていない現状を踏まえ、魚価の向上と安定を目指し、次の取り組みを行う。
・「石狩湾ニシン(仮称)」の高品質化によるブランドの確立に向けた取組推進(拡充)
・ヒラメの活〆処理による鮮度及び品質保持(継続)
・「石狩さけまつり」などのイベントでの宣伝活動による消費拡大(継続)
・ホタテガイの韓国輸出拡大(継続)
・施氷の徹底による鮮度向上の取組強化(継続)
・殺菌海水の使用による衛生管理の徹底(継続)
・直販所(朝市)での販売強化(継続)
・漁業士、女性部、青年部による「食育・魚食普及」等の推進(継続)
・漁港及び荷捌所の清掃活動等による衛生管理の徹底(継続)
(3)効率的で安定的な漁業経営の確立を目指すため、省エネ器機等の積極的な導入や操業の効率化による燃料経費の削減を図るため、次の取り組みを行う。
・省エネ機器及び老朽化した漁船の更新による漁業用燃油経費の削減(継続)
・船底清掃及び機器メンテナスの実施による負荷の軽減や減速航行等による省燃油活動の実施(継続)
・漁業経営セーフティネット構築事業への加入推進(継続)
・トドの駆除及び追い払いによる漁業損失軽減対策の実施(継続)
・トドの来遊状況の把握及び情報の共有による漁獲ロスの低減、漁具・漁網被害の低減(継続)
・漁港の浚渫、防波堤の改修・整備促進による安全で効率的な操業の実現(継続)
(4)以上の取組に加え、漁業後継者などが新規着業しやすい環境を整えることにより、若者人口の増加を図り、地域を活性化させるために、次の取り組みを行う。
・新規漁業就業者の漁業研修制度を活用した研修支援の実施(継続)
・漁業就業に必要な資格の取得に対する支援の実施(継続)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 石狩湾漁業協同組合
住所 〒061-3601
北海道石狩市厚田区厚田7-4
電話番号 0133-78-2006