浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|八雲町落部地区水産業再生委員会

落部漁業協同組合

取組概要 衛生管理の向上による付加価値向上、ホタテのへい死対策
キーワード活け締め
漁場観測
6次産業化
販路域外流通
取組タイプ安全・衛生管理
魚種 ホタテ
エビ
サケ
タコ
マツカワ

浜プランの取組内容

【付加価値向上対策】
○衛生管理型荷さばき施設を利用した、地域ブランドの醸成により流通業者と消費者ニーズに合わせた販売体制の構築を更に強化する。
○ホタテ計量施設を集約し屋根付き施設としたことによる、各市場が連携し効率化と衛生管理出荷が可能となりプラスチックコンテナを導入した海外輸出向けの拡大、販路の多角化を推進したが、引き続き付加価値向上対策ため第2期も取り組む。
○低温管理、鮮度低下抑制等によるマガレイ・ワラサ・ソイの活〆、活出荷量の割合の向上を図る。
○直販店の運営体制を確立し、未利用魚を使用した開発・販売をし6次産業化を推進する。
【生産性向上対策】
○噴火湾では、ホタテ貝へい死は約5 年毎に発生していたが、ここ数年は毎年発生し漁家の生産量も過去最低を記録し漁家経営が危機的状況にある。その対策が急務とされており、そのため当該漁業協同組合も加入している噴火湾ホタテ生産振興協議会(噴火湾全域の漁業協同組合が加入している)が計画する漁場環境保全対策の実施とへい死対策として漁場観測ブイを全域に設置し、噴火湾湾口からの影響や湾内の海洋環境の変化を観測し、これにより得られた情報を漁業者に提供し、そのデータを元に漁業者が漁場環境保全を図り、より高度な養殖管理を行いへい死率を低減し、安定的な生産を図り漁家経営の安定化を図る。
○ホタテ養殖施設の時化等に対する強靱化対策の実施。
○有害生物漁業被害防止総合対策事業(ヨーロッパザラボヤ駆除他)の実施。
○水産業競争力強化機器購入等導入緊急事業による船上洗浄機機器等の購入。
○水産業競争力強化漁船導入緊急支援事業の中核的漁業者による漁船リース。
○漁業生産活動拠点となる漁港機能の整備と保全を引き続き図り、漁港機能増進事業にて漁港監視カメラを整備し、遠隔地においても昼夜を問わず漁港の状況が把握でき、現地作業の必要性を判断し共有する。また、タイヤ式揚船機を改良し、大型漁船化に対応した船台の延長、上下架作業時間の短縮を図る。逗留
【水産資源対策】
○マボヤの人工採苗技術の向上実施したが、その成果は今後発現されるので販路拡大の取り組み等を第2期でも引き続き行う。
○鮭稚魚の海中飼育放流、クロソイ稚魚の中間飼育放流、マツカワ稚魚の放流によるを引き続き実施し、資源増大を図る。
○水産基盤整備事業(漁場)の定着基質ブロック設置による定着性魚類等の増大と、昆布礁設置による藻場造成。
○落部川湧水を利用した鮭稚魚蓄養施設整備による放流後の生存率の向上。
【観光・にぎわい創出】
○更なる直販店の運営による6次産業化と、農業等の他産業と連携した産業体験、地元物産の販売。
【経営改善対策】
○漁業共済、積立プラス、漁業セーティ―ネット構築事業等の活用加入促進。
○協業化・作業の共同化や、漁船の減速航行・船底清掃等による省燃油活動によるコスト削減。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 落部漁業協同組合
住所 〒049-2562
北海道二海郡八雲町落部529
電話番号 0137-67-2211