浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|八雲地区地域水産業再生委員会

八雲町漁業協同組合

取組概要 衛生管理の向上による付加価値向上,ホタテのへい死対策
キーワード活け締め
漁場観測
有害生物の駆除
販路域外流通
取組タイプ安全・衛生管理
魚種 ホタテ
ホッキガイ
ウニ
コンブ
マツカワ

浜プランの取組内容

地域の基幹産業を魅力ある産業とし、漁業後継者や新規就業者が安心して着業できるような効率的で安定した漁業経営を目指すとともに、資源管理型漁業や造り育てる漁業を推進し、豊かな海を将来にわたり持続的に利用するため、次の活動に取り組むことで、地域の活性化を図る。
【漁業経営安定対策】
○漁獲共済・積立プラス・漁業セーフティネット構築事業の加入促進
【ザラボヤ対策】
○噴火湾ホタテ生産振興協議会が実施する漁場環境保全対策の実施
○有害生物漁業被害防止総合対策事業の実施
○駆除対策に必要な機器整備
○上記対策を通じてホタテの3 年貝出荷への移行の推進
【魚価対策】
○低温管理、鮮度低下抑制等によるイシガレイ・アイナメ・クロソイの高鮮度出荷割合の向上を図り、漁獲物の活〆技術の普及と施氷等による鮮度保持対策の推進による付加価値の向上
○漁獲物の販売促進のための戦略づくりとそれに基づく以下の取り組みの推進
・漁業構造改革総合対策事業(もうかる漁業創設支援事業)導入による高鮮度出荷対策により商品化される「八雲鮮抜ホタテ」のPR 販売等による地産地消、ブランド化の推進
・ブナ鮭を活用した鮭節の商品化の推進及びPR 販売による原材料の付加価値向上推進
【水産資源対策】
○マツカワ稚魚の放流
○ホタテ・ホッキ・ウニの資源量調査及びナマコ移植放流実施に向けた手法の調査研究
【生産性向上対策】
○噴火湾ホタテ生産振興協議会が実施する漁場環境保全対策の実施とへい死究明への漁場観測ブイ等の設置による漁業者への通信機器を利用した情報提供を行う。へい死究明への漁場観測ブイ等の設置による漁業者への通信機器を利用した情報提供を行う。ホタテ貝へい死は約5 年毎に発生していたが、ここ数年は毎年発生し漁家の生産量も過去最低を記録する現状である。漁場環境の変化が原因と考えられており、観測ブイを設置し漁場環境の変化をリアルタイムで観測し、そのデータを元に養殖施設での対応をする事でへい死率を削減できる事で安定的な生産量と向上を図る。
【漁港機能保全】
○第1期で策定された漁港における衛生管理ルールはより高度な衛生管理を進めるため改訂し、更に海水取水施設等の整備をする。
○漁業生産活動の拠点となる漁港機能の整備と保全
○漁港内に漁港監視カメラを設置する事により、大規模自然災害時、漁港施設・漁船・漁具等に係る異常の早期発見を可能とし、貴重な財産の防止・軽減するとともに、津波等の災害時、漁港からの迅速な避難を可能とする。
【販売機能・衛生管理体制の強化】
○八雲漁港に整備されている屋根付岸壁の延長拡大をし、荷捌き施設・計量施設と作業動線の一体化を図り、既存施設は脆弱であることから、機能強化を図った施設を設置することで、更なる鮮度保持・衛生管理体制を強化させる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 八雲町漁業協同組合
住所 〒049-3104
北海道二海郡八雲町内浦町155-3
電話番号 0137-62-3101