浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|長万部地区地域水産業再生委員会

長万部漁業協同組合

取組概要 ホタテの高鮮度輸出への取組
キーワード活魚出荷
活貝
活け締め
販路域外流通
取組タイプ安全・衛生管理
魚種 ホタテ
ホッキガイ
ウニ
ナマコ
タラ

浜プランの取組内容

(1)基本方針
地域の現状を踏まえ、次の対策の検討を行う。
【魚価対策】
〇出荷量に応じた適正な衛生管理が可能なプラスチックタンク及びメッキ製衛生管理タンクの導入し、紫外線殺菌水を使用の他、更に秋サケ専用タンクの取扱のルールを定め衛生管理を徹底し単価向上を図る。
○ホッキを対象とした畜養水槽に活貝として畜養し、砂抜きを行い消費者ニーズに応え、更にナノバブル装置で活力を与え安定供給による単価向上を図る。
○活魚・活〆による付加価値向上販路拡大としてヒラメの船上活〆を徹底し販売価格向上を目指す。
〇第1浜の活力再生プランに引き続き海外輸出の拡大を含む、高鮮度出荷等を実施する。
〇販売戦略に基づく、消費者ニーズ・流通市場の情報等を踏まえた販売促進活動の取り組み(新商品開発・地産地消を核とした6次産業化の推進)を推進する。
【ザラボヤ対策】
〇噴火湾ホタテ生産振興協議会が実施する漁場環境保全対策を実施する。
〇有害生物漁業被害防止総合対策事業を実施する。
〇駆除対策に必要な機器整備や処理施設を改善する。
○ホタテへい死原因解明とザラボヤ付着養殖篭の軽減を図る。
【生産性向上対策】
○噴火湾では、ホタテ貝へい死は約5年毎に発生していたが、ここ数年は毎年発生し漁家の生産量も過去最低を記録し漁家経営が危機的状況にある。その対策が急務とされており、そのため当該漁業協同組合も加入している噴火湾ホタテ生産振興協議会(噴火湾全域の漁業協同組合が加入している)が計画する漁場環境保全対策の実施とへい死対策として漁場観測ブイを全域に設置し、噴火湾湾口からの影響や湾内の海洋環境の変化を観測し、これにより得られた情報を漁業者に提供し、そのデータを元に漁業者が漁場環境保全を図り、より高度な養殖管理を行いへい死率を低減し、安定的な生産を図り漁家経営の安定化を図る。
【水産資源対策】
〇ナマコ種苗生産技術の取得及び種苗放流、漁港に付着するウニ種苗、稚ナマコの移植放流、マツカワ稚魚の放流による資源増大の事業を展開する。
〇漁種毎の体長制限の実施。
【衛生管理対策】
〇漁港内の老朽化漁業資材の撤去及び清掃をする。
○EU向け出荷には、漁場海域での洗浄選別が条件となっており、対応が出来る漁業者だけが従事しているが、新規漁業者を募り更なるEU出荷量を増やし生産量の向上を図る。
【漁港機能保全対策】
〇漁業生産活動の拠点となる漁港機能の整備と保全を行う。
【漁業経営安定対策】
〇漁獲共済・積立プラス・漁業セーフティーネット構築事業の加入促進を推進する。
〇協業化・作業の共同化・燃油費削減等のコスト削減対策を行う。
〇養殖作業機器(を導入し協同利用による経費の削減を実施する。
【漁業後継者対策】
〇北海道漁業就業支援協議会を活用した研修生の受け入れを実施する。
〇漁業後継者対策の充実を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 長万部漁業協同組合
住所 〒049-3519
北海道山越郡長万部町字旭浜159-10
電話番号 01377-2-3126