浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|苫小牧市地域水産業再生委員会

苫小牧漁業協同組合

取組概要 ホッキガイおよび王鰈のブランド化
キーワード苫小牧産ほっき貝
マツカワカレイ
冷凍・冷蔵・製氷新技術導入
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 ホッキガイ
マツカワ
サケ
カニ
ブリ

浜プランの取組内容

当地区の浜プランでは収入向上の取り組みを中心に漁業所得が向上したものの、漁業経費の削減ではあまり成果を生むことはできなかった。その為、今期の浜プランでは、収入向上の取り組みを中心にしながら、従来の浜プランの取り組みを継続しつつ、あらたな取り組みや既存プランを進化させることで更なる漁業所得の向上を目指す。
また、農水産物輸出促進計画と連携し、輸出促進に資する取り組みをあらたな核としながら、水産物の更なる付加価値向上及び水産物輸出量の増加並びに屋根付岸壁整備に伴う漁業生産量の増加を目指す。
①水産資源の安定確保及び既存資源の有効利用への対策
・ホッキ漁場における資源量調査に基づく漁獲制限設定(継続)
・ホッキ漁場における外敵駆除及び漁場耕耘の実施(継続)
・ホッキ貝資源有効利用のための各種調査の実施(継続)
・ホッキ漁場における過密地域及び老齢貝対策として、移殖放流及び老齢貝の間引き事業など、既存資源の有効利用に向けた取り組みの実施(新規)
・マツカワ種苗放流による資源維持及び増大への取り組み(継続)
・未利用資源の実用化及び新規漁業の模索(継続)
・水産基盤整備事業による魚礁整備や産卵礁整備(継続)
②付加価値向上、漁業利益の向上に向けた対策
・「苫小牧産ほっき貝」のブランド化の更なる推進に向け、他産地との差別化を図るべく、マリンエコラベル認証取得による付加価値向上(進化)
・ホッキまつりなどのイベント開催やメディア等への積極的な出演による知名度アップに伴う消費の拡大(継続)
・蓄養施設の有効活用による出荷時期調整及び安定出荷による付加価値向上(進化)
・えりも以西栽培漁業推進協議会におけるマツカワ魚価対策プロジェクトチームとの連携によるマツカワ(王鰈ブランド)魚価向上に向けた取り組み(継続)
・マツカワを中心とした活魚出荷の輸送生残時間の改良による商圏の拡大(輸出含む)及び輸送コストの削減による漁業利益の向上(進化)
・活〆技術の普及促進、滅菌海水の利用、施氷の徹底による鮮度向上への取り組み(継続)
③漁労経費削減に向けた対策
・効率的な操業体制の構築による漁業用燃油経費の削減(継続)
・減速航行等による省燃油活動の取り組み(継続)
・漁業経営セーフティーネット構築事業への加入推進(継続)
・さけ定置漁業における操業船の削減等による操業経費の削減及び経営の合理化による経営改善に向けた取り組み(進化)
④農水産物輸出促進計画との連携(新規)
・ほっき桁曳網漁業におけるマリンエコラベル取得及び新基準への移行による海外ニーズへの対応及び海外輸出の取り組み(新規)
・すけとうだら刺し網漁業における屋根付き岸壁整備を活用した就労環境改善(新規)
・すけとうだら刺し網漁業における屋根付き岸壁整備を活用した衛生管理体制の改善に伴う高鮮度化による海外輸出への取り組み(新規)
・あらたな冷凍冷蔵施設整備による輸出向け冷凍水産物の受入れ体制の強化(新規)
・冷凍・冷蔵・製氷の新技術導入によるあらたな冷凍ほっき貝等の商品開発及び鮮度向上への取り組み(新規)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 苫小牧漁業協同組合
住所 〒053-0012
北海道苫小牧市汐見町1-1-13
電話番号 0144-35-0111