北海道|遠別町地区遠別地域水産業再生委員会

遠別漁業協同組合

取組概要 ホタテの出荷量増大
キーワード 加工品開発
ふるさと納税
ひらめ底建網オーナーin遠別
販路 域外流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 ホタテ
タコ
ホッキガイ
サケ
ヒラメ

浜プランの取組内容

〇 ほたてがい養殖漁業者9名と遠別漁協は、出荷数量の増大による所得増大を図るため、次の取り組みを行う。
・ 東北地方においての作業工程は大半が「種苗生産~成貝育成・出荷」となっていたが、震災以降、種苗生産するよりも半成貝を購入し育成した方がロスが少ない等の理由により、「半成貝購入~成貝育成・出荷」に移行していることを踏まえ、東北地方の養殖業者と連携を深め「種苗生産~半成貝育成」までの過程を当地区で補完することで、出荷数量(金額)の増大に取組む。
・ 従来、ほたて稚貝生産を中心に国内加工向け成貝を生産してきたが、中国や韓国のほたてがいの需要の高まりを受け、漁業者と漁業協同組合、仲介業者は衛生管理を徹底するべく、漁協において関係漁業者を対象とした漁船や漁港での作業ルールなどの具体的内容等に関する研修会等を開催する
など、東アジアを中心とした輸出向け活貝の増産と出荷量の増大への取り組みを検討する。
〇 たこ函漁業者10名と遠別漁協は、生産力向上を図るため次の取り組みを行う。
・ 現在主力商品となっている煮蛸製品の他に、新たな加工製品の開発に取り組む。具体的には、製品購入に訪れた消費者に対して、漁協女性部や地元料理教室で取り組む新たなたこ料理の試食等とそれに対するアンケート調査の実施を検討する。
・ また、消費者及び仲介業者のニーズに対応し、衛生管理と鮮度保持の向上に向け水揚後の取り扱い方法(殺菌海水の利用、活魚水槽の設置による活出荷等)について検討を行う。
〇 ほっきがい桁びき網漁業者2名は、ほっきがい資源の回復と魚価の向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ ほっきがいの生息環境保全を図るため、生産力の低下した漁場においてヒトデなどの外敵駆除や耕耘を行うとともに、これら漁場への稚貝や未成貝の移植放流によりほっきがいの分散化を進め、成長促進に努める。加えて最適な生息密度にかかる知見を得るため、移植後の生息密度に応じたほっきがいの成長状況の把握に努める。また、蓄養施設を活用した砂抜きの実施に取り組むほか、ゆうパックを活用した新たなほっきがいの販売ルートの開拓を検討する。
〇 さけ定置漁業者2名は、収入向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ 鮮度管理を徹底すべく、魚槽での保管から海水氷を使用するとともに、鮮度の均一化を図るべく、保管・箱詰め用の水温を10℃以下に保つ事により鮮度及び品質の向上の取り組みを進める。
・ 漁獲したさけの一部を船上で活〆することで、付加価値向上に取組み、「活〆さけ」として販売する。また、単価の低い小型のさけを漁業者自らが加工に取り組み魚価向上につなげることができるかを検討する。
〇 底建網漁業者13名と遠別漁協は、漁獲物の主力である「ひらめ」の単価維持及び向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ ひらめの単価向上を図るため、観光業等の他産業や漁協と協力し開催しているイベント「ひらめ底建網オーナーin 遠別」を活用し、全国的に「遠別産ひらめ」のPRを引き続き行うとともに知名度向上に努める。
・ 消費者からの要望が多い重量1kg以上の中型から大型サイズのひらめを活〆し、インターネットや電話注文等、通信販売事業の展開を引き続き行う。
・ 出荷数量がまとまらない等の理由により未利用となっている、魚種を対象として、地元商店等に声を掛け、販売や加工品開発に取り組み、販売促進に努める。
〇 遠別漁協と全漁業者は、地産地消や食育事業の展開による販売促進・販路拡大を図るため、真かれい、ほっけ等の魚種を対象に自営加工場により鮮魚の一次処理(内臓除去、フィレ加工等)を重点的に行うほか、商店・飲食店並びに宿泊施設や学校の給食などに四季の食材として各種魚種(春:ひらめ、夏:ほっきがい、秋:さけ、冬:たこ等)の提供を行う。
・ 遠別漁協と遠別町は、遠別産海産物をPRすべく、「ふるさと納税」制度等を活用しながら、四季に応じた地元の旬な海産物を全国各地への提供を引き続き展開する。
〇 遠別漁協と遠別町は北海道漁業就労支援協議会等と連携し、漁労作業に必要な資格の取得を支援するほか、新規漁業就業者の確保を目指す取り組みを検討する。
〇 遠別漁協と遠別町は、全漁業者に対し漁船の保守点検等の迅速化を図り生産力を向上させるため、機能強化した上架施設建設を進める。
以上、前期浜の活力再生プランにおいて成果が上がった基本方針等については、引き続き継続し行い、効果が見られなかった方針について、再度検討し行うこととした。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○ ほたてがい養殖漁業者10名と遠別漁協は、出荷数量の増大による所得の増大を図るため、次の取り組みを行う。
・ 東北地方において震災以降、種苗生産体制が回復しないなどの現状から、作業工程を「種苗生産~成貝育成・出荷」から「半成貝購入~成貝育成・出荷」に移行していることを踏まえ、東北地方の養殖業者と連携を深め「種苗生産~半成貝育成」の過程を当地区で補完することで、出荷数量(金額)の増大に取り組む。
・ 従来稚貝生産を中心に、国内加工向け成貝を生産してきたが、韓国や中国のほたてがい需要の高まりを受け、漁業者と漁業協同組合、仲買業者は、衛生管理を徹底するべく、漁協において関係漁業者を対象とした漁船や漁港での作業ルールなどの衛生管理の具体的内容等に関する研修会等を開催するなど、東アジアを中心とした輸出向け活貝の増産と出荷量の増大への取り組みを検討する。
○ たこ函漁業者10名と遠別漁協は、生産向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ 現在主力商品となっている煮蛸製品の他に、新たな加工製品の開発に取り組む。具体的には、道の駅直売所に訪れる消費者に対して、漁協女性部や地元料理教室で取り組む、新たなたこ料理等の試食等とそれに対するアンケート調査の実施を検討する。
・ また、消費者及び仲買業者からのニーズに対応し、衛生管理と鮮度保持の向上に向け水揚げ後の取扱い方法(殺菌海水の利用、活魚水槽の設置による活出荷等)について検討を行う。
○ ほっきがい桁びき網漁業者2名は、ほっきがい資源の回復と魚価の向上を図るため次の取り組みを行う。
・ ほっきがいの生息環境保全を図るため、生産力の低下した漁場においてヒトデなど外敵駆除や耕うんを行うとともに、これら漁場への稚貝や未成貝の移植放流によりほっきがいの分散化を進め、成長促進に努める。加えて最適な生息密度にかかる知見を得るため、移植後の生息密度に応じたほっきがいの成長状況の把握に努める。また、畜養施設を活用した砂抜きの実施に取り組むほか、郵パックを活用した新たなほっきがいの販売ルートの開拓を検討する。
○ さけ定置漁業者1名は、収入向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ 鮮度管理を徹底するべく、現在は淡水氷を使用しているが、魚槽での保管から海水氷を使用することを検討するとともに、鮮度の均一化を図るべく、保管・箱詰め用の水温を10℃以下に保つ事により、鮮度及び品質の向上の取組みを進める。
・ 漁獲したさけの一部を船上で活〆することで付加価値向上に取り組み、「活〆さけ」として道の駅直売所等にて販売する。また、単価の低い小型のさけを漁業者自らが加工に取り組むことで魚価向上の可能性を検討する。
○ 底建網漁業者13名と遠別漁協は、漁獲物の主力である「ひらめ」の単価の維持及び向上を図るため、次の取り組みを行う。
・ ひらめの単価の向上を図るため、観光業等の他産業や漁協と協力し、「ひらめ底建網オーナーin遠別」を活用し、「遠別産ひらめ」を全国的にPRする。
・ 消費者からの要望が多い重量1,000g以上の中型から大型サイズを活〆し、道の駅直売所やインターネットを活用した通信販売事業を展開することについて検討を行う。
・ 出荷数量がまとまらない等の理由により未利用となっている、川かれいや、かながしらなどの魚種を対象に、道の駅直売店での販売や加工品開発に取り組むことを検討し、販売促進に努める。
○ 遠別漁協と全漁業者は、地産地消や食育事業の展開による販路拡大を図るため、真かれい、ほっけ等の魚種を対象に、自営加工場にて鮮魚の一次処理(内蔵除去、フィレ加工等)を重点的に取り扱うほか、商店・飲食店並びに宿泊施設や学校給食などに四季の料理素材として各種魚種(春:ひらめ、夏:ほっきがい、秋:さけ、冬:たこ等)の提供を検討する。
・ 遠別漁協と遠別町は、遠別産海産物をPRするべく、「ふるさと納税」制度等を活用しながら、四季に応じた地元の旬の海産物の全国各地への提供を検討する。
○ 遠別漁協と遠別町は北海道漁業就業支援協議会と連携し、漁ろう作業に必要な資格取得等の支援と、新規漁業就業者の確保に取り組みを検討する。

団体情報


JF・団体名 遠別漁業協同組合
住所 〒098-3543
北海道天塩郡遠別町字本町3-101-1
電話番号 01632-7-2235