浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|宗谷地区地域水産業再生委員会

宗谷漁業協同組合

取組概要 「宗⾕の天然⼿摘み⽷もずく」や活け〆鮭「宗⽣」、「活ホタテ」などの宗⾕ブランドの確⽴・普及
キーワードEU向け輸出
活け締めサケ宗生
宗谷の天然手摘み糸モズク
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 ホタテ
タコ
サケ
ナマコ
モズク

浜プランの取組内容

ホタテ桁曳網漁業は、漁場の海底耕耘を通じて食害をもたらすヒトデ駆除の強化を図るとともに、ホタテガイモニタリング調査等を行いつつ、稚貝から育成・水揚げに至る過程での漁場環境の変化の把握に努める。
 さらに、漁業者と漁協は、EU向け輸出の拡大を目指し、船上での作業や東浦漁港岸壁での水揚げ、加工場への搬送において「北海道対EU輸出ホタテガイ管理要領(宗谷北東部海域)」等を遵守した体制となるよう、漁業者及びEU-HACCPの認定を受けた民間加工場を交えた研修会等を開催し、安全衛生管理の確認を行う。また、漁業者と漁協は、屋根付き岸壁の延長整備について北海道庁及び開発局に対して要請を行いつつ、EU認定工場向けの仕向け量を順次増やす。
 タコ漁業者及び漁協は、漁獲した稚ダコの保護に努めるべく、漁協独自に一定重量(2.5㎏)以下については放流を徹底し資源保護に取り組む。また、ミズダコの取扱量が単一漁協としては日本一であることの認知度向上を図るため、道内及び道外での食イベントでPRを図り、消費拡大と販路の確保・拡充を目指す。
 サケ定置網漁業者と漁協は、水揚げ後に冷却水タンク保管や漁船の魚倉に砕氷等を投入し運搬することを徹底するなど冷却効果を高めることで、水揚げ後出荷までの低温管理(5℃)に努めるとともに、鮮魚保持・衛生管理強化・サケ魚卵の歩留まり向上を図るため、漁船への海水殺菌装置の導入を検討する。
 ナマコ桁曳網漁業者及び漁協は、ナマコの資源増大策として、ナマコの種苗生産・中間育成・放流を実施するとともに、漁協独自に一定サイズ(109g)以下については再放流を徹底し資源保護に取り組むことで将来にわたり安定した漁獲量の確保を目指す。また、漁獲したナマコは保冷ボックス等に素早く収納し、必要に応じ、施氷を行うなど鮮度保持に努めるとともに、沖合での選別を徹底し、傷ナマコを再放流することで資源維持と出荷するナマコの品質向上を図る。
 全着業者及び漁協、稚内市は全ての魚種について鮮度保持・衛生管理を強化するため、開発局に対して宗谷港における屋根付き岸壁などの衛生管理施設の整備促進を要請するとともに、屋根付き岸壁と同調して海水殺菌装置の導入を検討する。
 また、全漁業者及び漁協は、荷受け者である市場職員と連携し、衛生管理研修会を開催して衛生管理意識の啓発・普及に努めるとともに、漁港における各種作業にかかる動線を整理し輻輳化を回避することで水産物への細菌混入リスクの低減に努めるべく、漁港内の作業ルールを設定し、衛生管理体制の強化及び作業の効率化を図る。
 漁協及び稚内市は、宗谷の海産物を「稚内ブランド」として認定を受け、これを通じて幅広い認知度の向上を図る。
 「宗谷の天然手摘み糸もずく」、活け〆鮭「宗生(そうき)」はその希少性・商品特性を主体とし、「活ほたて」においては蓄養施設での砂吐きと鮮度保持を継続し、消費者の扱い易さを強調したPRを漁協ホームページなどで行う。
 また、道内・道外のイベントに参加し、各商品の知名度向上と需要増加を目指す。
 近年の暴力団の財源となっているとみられる密漁を阻止する為、漁場監視レーダーの監視範囲の見直しや機器性能の検証を行い、適切な設備及びシステムとなるよう検討を進める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 宗谷漁業協同組合
住所 〒098-6755
北海道稚内市大字宗谷村字宗谷77
電話番号 0162-77-2331