青森県|野辺地町地域水産業再生委員会

野辺地町漁業協同組合

取組概要 ホタテガイのPR
キーワード 貝殻洗浄
QRコード
ほたて生産出荷管理情報システム
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ホタテ
ナマコ
カニ
カレイ

浜プランの取組内容

以下の収入向上の取り組みにより、基準年比2.0%の所得向上を図る。
①ナマコの漁獲量向上に向けた種苗生産・放流による資源量の安定   ナマコの単価はここ数年高値で推移しているが、漁獲量は年々減少傾向にある。安定した漁家経営に向けて漁獲量を向上させるため、種苗生産および放流によるナマコの資源量の増大に取り組む。
②養殖ホタテガイの中間洗浄での付着物除去による成長促進と残渣排出量の低減
洋上洗浄機を活用して年2回以上耳吊り成貝の中間洗浄を行うことで、付着物除去による貝の成長促進と、養殖残渣排出量低減による経営安定を図る。
上記対策に加え、成熟度調査・ラーバ調査・付着稚貝調査および成長状況のモニタリングの実施、潮流などの海況情報や貝毒情報などの収集に加えて、適正な養殖管理を行うことでへい死を抑制し、ホタテガイの成長促進に努める。
地まき貝については、漁業者全員での地まき漁場の清掃による漁場環境の保全、放流用稚貝の選別や放流密度管理の徹底によりへい死を抑制し、安定生産を図る。
③衛生管理体制を継続した地域産ホタテガイの国内量販店等へのPR活動
漁協は、ホタテガイ養殖場について、衛生条件が厳格な対EU の養殖場登録を受けるなど衛生管理に取り組んでおり、また、水揚されたホタテガイについても、ホームページの「ほたて生産出荷管理情報システム」により生産履歴の把握を可能にする「トレーサビリティ」を導入しており、野辺地産ホタテガイのPRに大きく寄与していることから、これらの「食の安全・安心」の取組む野辺地産のホタテガイを量販店等に発信していく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

 下記の対応により、ホタテガイ養殖漁業者65名は基準年比0.5%の漁業所得向上に取り組む。
 ホタテガイ養殖漁業者は、夏季および冬季の異常水温によるへい死被害を抑制するため、漁協・県と協力して定期的な水温把握を行うとともに、養殖施設の設置水深の調整を継続して行うこととする。 ホタテガイの成長促進を図るため、漁業者・県・町・漁協は、上記対策のほか、ホタテ成熟度調査、ラーバ調査、付着稚貝調査の実施、潮流など海況情報や貝毒情報などの収集に努めるとともに、ホタテの成長促進状況をモニタリングし、効果的な対策手法の確立を目指す。加えて漁業者は貝同士の間隔を適正に保つことで、へい死被害を抑制し、貝の成長促進に努める。 加えて消費者ニーズを踏まえ、ホタテガイ養殖漁業者は漁協の指導のもと、出荷時の貝殻洗浄(耳吊り養殖)や一時蓄養による砂吐き(地播き天然貝)の徹底や出荷サイズの統一化、生産者名を確認できるQRコードを出荷時に添付するトレーサビリティを実施することなどにより、一部の取扱いをこれまでの系統出荷による流通から、量販店への直接出荷に転換する。 さらに、ホタテガイ養殖漁業者と桁曳網・刺網・底見漁業者は、水産多面的機能発揮対策事業を活用しながら地播き漁場の清掃による環境保全を行い、その効果としてホタテガイの安定生産を図るとともに、放流用稚貝の選別や放流密度管理を行うことでへい死被害を抑制し、貝の成長促進に努める。
 桁曳網・刺網・底見漁業者と漁協は、鮮魚介類におけるこれまでの競り売りの一部について、新たに常設の直売所において直接販売に着手することを検討する。これに伴い、高鮮度の水産物の提供を行えるよう船上での取り扱いを素早く行うよう努めるほか、低温管理を確実に行うべく、施氷方法等について検討を進める。
 また、付加価値の高いナマコの安定生産を図るため、漁協は、町の事業を活用しホタテ貝殻を利用したナマコ増殖礁を設置を行うとともに、漁業者自らも漁獲量の自主制限や天然採苗等によって積極的な資源増殖に努める。

団体情報


JF・団体名 野辺地町漁業協同組合
住所 〒039-3131
青森県上北郡野辺地町字野辺地568
電話番号 0175-64-2264