浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

新潟県|粟島浦村地区地域水産業再生委員会

粟島浦漁業協同組合

取組概要 加工品の流通・販路拡大の取組
キーワード神経締め
産地タグ
イベント
販路域外流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 ノドグロ
ヒラメ
タイ
タラ
ブリ

浜プランの取組内容

●漁業収入を向上させるための取組
①水産加工品の開発と販路拡大及び低・未利用魚の有効活用。
・漁協と漁業者は、水産物の加工を行うばっけ屋、粟島観光協会と協力し、高級魚のアマダイ一夜干や安価なトビウオ・真鱈の加工品を引き続き継続し販売する。また、これらの加工品について村内直売所・民宿や島外で販売することを目指す。さらに、村で現在開催しているイベント「島びらき」「タコ獲りツアー」「クリーンアップ」の他に、4 月~8 月まで安定的に漁獲されている新鮮な魚を利用した「魚食まつり」の年2 回観光時期に開催し、島内外における販路の拡大を図る。
・漁協と漁業者は、主に大型定置網で一時的に大漁に漁獲される、低価格サイズのアジについて、新潟越後広域再生委員会で取り組み始めた流通販売強化の取り組みを有効活用し、一定価格で買い取ってもうことで、魚価の底上げを図る。それに加え、専用の冷凍パンを使用することで、魚箱や氷などの出荷経費を軽減し、漁業者の所得向上を図る。
②鮮度保持・衛生管理技術向上とブランド化の推進
・漁協は、新潟県水産海洋研究所や水産業普及指導員などの関係機関の協力を得て漁業者への指導強化やノドグロ、ヒラメなどの高級魚の沖〆(活〆・神経〆)技術の向上や漁獲物の品質向上を引き続き図るため、鮮度保持・衛生管理マニュアルを有効活用する。また、フェリーの出港に間に合わない場合でも沖〆を行うことで、鮮度を保持し、翌日出荷でも高付加価値で取引されるよう漁協は積極的に沖〆技術の指導を図り、鮮度保持技術の向上を図る。
③資源回復を推進することで安定的な漁業を持続的に営む
資源回復の推進漁業者は、アワビ等の貝類の直接的な増産、幼・稚魚の育成、周辺の資源の回復により安定的な漁業を図るため、いわゆる磯焼け海域とその付近において、藻場の減少の要因となっている食害生物の除去を実施しつつ、新潟県水産海洋研究所の調査結果を参考に、藻のサンプル(スポアバック)の設置場所を増やす。また、実施に当たっては、水産業のもつ多面的な機能を多くの者に理解を求め、恒久的な活動とする。
●担い手対策
①漁業者、漁協は全国漁業就業者フェアや研修制度を活用し、担い手の確保育成に努め、漁業経営の継続的安定を図る。
●水産基盤の維持管理
①基盤施設である漁港について、粟島浦村、新潟県は維持管理費用の平準化と長寿命化を図り、機能保全に取り組むことで漁業者の安定的な漁業活動を支えていく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 粟島浦漁業協同組合
住所 〒958-0061
新潟県岩船郡粟島浦村84-乙
電話番号 0254-55-2121