大阪府|岸和田春木地区地域水産業再生委員会

春木漁業協同組合

取組概要 高鮮度「泉州鮮魚」のブランド化、異業種連携による加工品開発
キーワード 船上脱血処理
エコラベル
ペットフード
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 イカナゴ
シラス
アナゴ
スズキ
サワラ

浜プランの取組内容

①水産資源の管理
船びき網漁業者は、しらす・イカナゴの水産資源が将来的に維持されるよう、大阪府漁連の船びき網部会と共に、マリンエコラベルジャパンの承認の取得にむけ積極的に話し合いの場を設け働きかけを実施する。
② 積極的なPR 活動と消費ニーズの把握
全漁業者は、地蔵浜みなとマルシェ・イワシとしらすの親子まつり・魚庭の海づくり大会、等の魚食推進活動に積極的に当港で水揚げされた、あなご・スズキ・いわし・しらすなどの漁獲物を提供・販売し地元・近隣地区消費者へのPR活動を実施する。
全漁業者は、漁協と連携し東京・大阪シーフードショーに参加し、当港の漁獲物のPR 活動を積極的に行い、新たなる販路拡大に繋がるよう販売促進を行う。
③ 消費ニーズに基づく販売手法の導入と新たな加工品の開発
全漁業者は、漁協と連携して異業種連携促進事業として、ペットフード加工会社や高齢者・幼児向けの魚加工会社等の視察・研修を行い、当港で水揚げされた漁獲物の提供を打診・試作を行う。
近年希少価値が増してきている、200㌘前後の大型アナゴを泉州鮮魚としてブランド化し、特定業者のみ直接販売を実施する。
④ 後継者・担い手の確保・対策として
全漁業者は、全ての従事者及び後継者に対し社会保険制度への加入義務づけ、また年間雇用を約束し、終身雇用体制を実施する。
全漁業者は、若手漁業者と定期的に懇親の場を設け、将来的な操業体制等についての意見交換を実施する。
⑤ 大阪・泉州広域水産業再生委員会との共同事業として全漁業者は、大阪・泉州広域水産業再生委員会と共同でブランド化を目指している高鮮度鮮魚(ブランド名泉州鮮魚)を出荷する際の漁獲物の規格・鮮度保持・出荷方法等についてのマニュアル作りを行う。
全漁業者は、大阪・泉州広域水産業再生委員会と連携し、漁獲日時・漁獲場所・漁業者名を記入するシール等を作成する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①競争入札方式の導入
 大阪府鰮巾着網漁協と連携協力した加工業者間による競争入札方法の採り入れ(地場で水揚げが可能になり、運搬時間が短縮され鮮度が保たれることや、入札方式により市場価格(相対)に左右されないことにより、魚価の向上を目指す)。
②積極的なPR活動と消費ニーズの把握
 「いわしとしらすの親子まつり」等の魚食推進活動イベントの開催。
③消費ニーズに基づく販売手法の導入と新たな加工品の開発

団体情報


JF・団体名 春木漁業協同組合
住所 〒596-0013
大阪府岸和田市臨海町20
電話番号 (072)422-1148