浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会林崎部会

林崎漁業協同組合

取組概要 明石ノリのPR、「子持ちダコ再放流事業」の実施
キーワードノリ生産
PR活動
かいぼり
販路域内流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 ノリ
タコ

浜プランの取組内容

① ノリ生産量及び生産額の増大
・ノリ養殖業者協業体は、ノリ生産枚数の増大(色のある内により多くのノリを生
産する等)と、品質の向上(品質の安定化、異物混入等によるロス率の低減)を図
るため、大型ノリ自動乾燥機の導入を検討する。
・漁協は、ノリ養殖業者とともに、消費者に美味しさを伝える観点から、やわらか
な新芽を初摘みした海苔(養殖ノリは通常10回程度摘採を行うが、摘採回数を重
ねるほどノリは硬くなっていくことから、一番初めに摘んだ初摘みノリはお茶で言
うと新茶にあたり珍重される)にこだわり、高温で焼くことでさっくりと歯切れ良
く加工し、販売する。また、1月に開催される「明石のりまつり」等にも積極的に
参加するとともに、明石ノリの統一ロゴやポスターを活用し、消費者に対して「明
石のり」の美味しさをPR し、消費拡大を図る。
② 魚価の向上
・漁船漁業者は、明石産の漁獲物の品質向上に向け、水揚げした魚介類の素早い選
別やカゴにスポンジを敷き、魚体を傷つけないようするなど丁寧に取扱うことを全
員で徹底して行い、マダイ、マダコなどの価格の向上を図る。また、鮮魚で流通さ
せるものについては活け締めや神経抜き等の処置を施し、更なる品質の向上を図る。
・マダコについて、蛸つぼ漁業者20 名は、足切れ等が起こらないように同じ生け簀
に大量のタコを入れない、又はネットでタコを隔離する等の手を加えることで品質
管理に努める。
・イカナゴ、ちりめんについて、船曳漁業者121 名は、品質が落ちないように、魚
槽へ氷を混ぜてカゴに移す前から冷やし、鮮度保持に努める。
・漁協は漁業者、明石市水産加工業組合、農会、連合町内会等と連携し、「林とれと
れ祭り」を開催し、イカナゴ、新海苔、サンマ・アジの開き、ゆでだこ、ちりめん
などの販売を行い、水産物の消費拡大を推進する。
③ 漁場環境の保全と資源量の増大
・全漁業者で海底耕耘、ため池のかいぼり等、漁場環境の保全にかかる活動を推進
する。特に、農業者等と連携して行うため池のかいぼりは、ため池底の泥が豊富な
栄養塩を含み、ノリ育成に有効と考えられることから、ノリ養殖の漁期に合わせて
行う。
・漁業者は、マダコ資源の保護のため、抱卵している「子持ちダコ」が入ったタコ
5
つぼを母ダコごと海に戻す「子持ちダコ再放流事業」に取り組む。また、マダコの
産卵時期に合わせて産卵用タコツボを漁場に投入し、資源量の増加に努める。
・大規模な魚礁設置と合わせて種苗放流(マダイ、ヒラメ、キジハタ等)を行い、
資源量の増大に努める。
④ 魚食文化の普及啓発
・漁協、漁業者は明石市と連携し、半夏生の日(雑節の一つ)にタコを食べる風習
を広く知ってもらうため、学校給食用に明石ダコを提供するとともに、地域のイベ
ントに合わせてタコ漁業等についての出前授業を行う。
・地元の特産品を知ってもらうために、漁協は初摘みのノリを加工した焼きのりを、
地元幼稚園に提供し魚食普及に努める。
⑤ 意欲ある漁業者の育成と新規就業者の確保
・全漁業者は計画的な漁業経営を行うことができる意欲ある漁業者となるため、様々
な分野の研修に参加し、自己研鑽に努める。
・漁協は、漁業研修を行うことにより新規漁業就業者の確保を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 林崎漁業協同組合
住所 〒673-0034
兵庫県明石市林3-19-27
電話番号 (078)922-2510