兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会播磨町地区部会

播磨町漁業協同組合

取組概要 干しタコの乾燥加工機械整備、アナゴ加工品開発、アサリ養殖試験
キーワード 乾燥加工施設
加工品開発
養殖試験
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 タコ
アナゴ
アサリ
ノリ
ウチムラサキ貝

浜プランの取組内容

1 加工品開発による付加価値の向上等
小型底曳網漁業、刺網漁業、一本釣り漁業者20 名は、漁協、播磨町、商工会、兵庫南農協と連携して、干したこを使用した播磨町の郷土料理である「たこ飯」の消費拡大を本格化し、マダコの需要拡大、単価維持・向上を図る。干したこは天日干しによる生産のため、天候に左右され生産が安定しなかったことから、需要拡大に対する供給体制を確立するために、雨天時でも播磨町特産の干したこの生産ができるよう播磨町と漁協で乾燥加工施設の整備をする。(播磨町、農協、漁協、商工会による連携協力事業)
また、小型底曳網漁業、刺網漁業、一本釣り漁業者20 名は、組合所有の空き倉庫を活用し、新たに開きあなご(あなごを開き、内臓を取り除いたもの)の加工を行い、開きあなごを利用したメニューの開発及び販売について、商工会加盟の飲食店と協議を行うことにより、あなごの消費拡大を図る。
活魚水槽を整備・改良し、漁獲から出荷までの時間短縮や効率化等による鮮度の向上を図る。
漁業者6 名により、二枚貝 (アサリ) の養殖試験に取り組む。
2 ノリ生産量の増大
のり養殖業者3 名全員は、ノリ生産量の増大をはかるため、生産者の減少により空いた漁場の有効活用による、張り込み枚数の増加について検討を行うとともに、漁業権の共有権者との調整 (漁場計画、漁業協定書等協議調整) を進める。
3 漁場環境の保全
小型底曳網、一本釣り、海苔養殖、刺網漁業者10 名は、漁場環境の保全のため、海底耕うん、二枚貝(ウチムラサキ)放流等漁場環境の保全にかかる活動を実施する。その活動により、二枚貝(ウチムラサキ)の増殖と、栄養塩低下を抑えるとともに栄養塩供給を促すことで海苔の生産量および生産額の増大を図る。
4 ノリ養殖に係る広域の取り組み(県漁連)
・兵庫県漁連は、ノリの色落ちなどの養殖リスクを極力軽減できるよう、県下の養殖海域の環境情報を調査し漁業者等に迅速に情報提供を行うため、環境観測装置を整備する。
・また、県下のノリ養殖を支えている兵庫県漁連の種培養施設、ノリ網への種付け作業に必要な施設、機器の整備を検討し、ノリ養殖の安定化、高品質化等を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①加工品開発による付加価値の向上
 ・マダコの需要拡大・単価維持向上に向けた町内工場従業員が利用する飲食店に対する干しタコメニュー取扱いのアプローチ。干しタコ供給体制確立に向けた乾燥加工施設整備の検討。
 ・漁協空き倉庫を活用した新たな開きアナゴの加工とメニュー開発にかかる商工会加盟飲食店との協議。
②ノリ生産量の増大
 ・生産者減少により空いた漁場の有効活用に向けた張り込み枚数の増加の検討。漁業権共有権者との調整。
③漁場環境の保全
 ・海底耕うん、二枚貝(アサリ)放流等による漁場環境保全。

団体情報


JF・団体名 播磨町漁業協同組合
住所 〒675-0163
兵庫県加古郡播磨町古宮768
電話番号 (078)942-1912