鳥取県|岩美町地域水産業再生委員会

田後漁業協同組合

取組概要 高値魚種の活魚出荷開始とアカガレイ・イカ等の加工品開発
キーワード 活魚出荷
移動販売車
「浜のリーダー」育成
販路 域外流通
取組タイプ 観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 タイ
イカ
アカガレイ
アワビ
キジハタ

浜プランの取組内容

1)水産物の付加価値向上
①高鮮度出荷の取組
・網代港支所が整備した活魚施設を活用し、雄のズワイガニ(松葉がに、若松葉がに(ミズガニ))の活魚出荷率を維持する。さらに、クロザコエビ、ミズダコ、ヒラメの活魚比率の向上を図り、水揚げ金額を5%向上させる。
・網代港支所及び田後漁協の沖底漁業者は、マダイやスズキ等を活締めし、2%の水揚金額の向上を図る。
②ズワイガニの付加価値向上に関する取組
・網代港支所及び田後漁協の沖底漁業者は、大型の雌のズワイガニに船名入りの産地証明タグを装着し、ブランド力強化を図る。
・水産試験場は、鳥取県の活ガニの品質向上を目的とした「活ガニの保管条件マニュアル」の作成に向け、適正な保管条件等を把握する試験を実施する。
③網代港支所及び田後漁協所属の沖底船の代船建造の推進
・田後漁協は、関係機関と協議、連携して、国庫補助金等を活用した代船建造を計画的に進める(第二日光丸:平成29 年3 月10 日に計画認定済み)。
④道の駅“きなんせ岩美”との取引の推進
・漁業者及び岩美町が、道の駅責任者と意見交換を行い、道の駅における売場等での地元水産物の販売方法やPR 等について協議・検討する。
2)加工品の開発・生産・販売と漁村カフェの運営
①加工品の開発・生産・販売
・網代女性部及び田後女性部は、地元水産物や地元特有の調理法等を生かした新たな加工品の開発を行う。
・網代港支所及び田後漁協は、販売力のある新たな加工品が開発された場合は、効率的に製造及び販売するための機器等の整備を検討する。
・網代港支所及び田後漁協は、既存の加工品及び新たに開発した加工品の販路拡大のため、量販店等と協議を行う。
・岩美町及び鳥取県農林水産部水産振興局水産課(以下、「水産課」という。)は、漁協等が円滑に加工品の製造及び販売を行うことができるよう支援を行う。
・漁業者、岩美町及び水産課は、産業振興機構等を活用し、地元旅館や商業施設等において、効果的な加工品の販売方法等を検討する。
②漁村カフェの運営
・網代女性部は、漁村カフェ「なだばた」の運営に当たり、漁業者から供給される地魚やアカモク等の未利用資源を活用したメニュー開発及び提供を行うとともに、地元民や団体に対し弁当や仕出しの販売を行う。
・網代港支所、網代女性部及び岩美町は、メディアや雑誌を活用するなど県内外への情報発信に努め、入り込み客数の増加を図る。
3)担い手の確保及び育成
①次世代を担う人材の育成
・岩美町地域水産業再生委員会の関係者は、漁業技術の向上、6 次産業化、ブランド販売戦略等に精通した「浜のリーダー」を育成するため、先進地視察や研修会等に参加する。
・網代港支所及び田後漁協は、鳥取県底曳網漁業協会等と連携し、次期船長又は機関長育成のため、資格取得等に関する講習会を開催する。
・田後漁協、網代港支所、岩美町及び水産課は、漁業就業者確保のため、漁業の魅力発信のための普及啓発活動に取り組む。
4)操業の効率化と漁場活用による漁獲向上
①沿岸漁業における操業の効率化
・沿岸漁業者及び水産試験場は、イカ釣操業の効率化に向け情報収集等を開始する。
②フロンティア漁場の活用
・沖底漁業者は、国及び県が実施するフロンティア保護育成礁の整備に協力する(平成30 年度から新規11 群を整備)。また、水産試験場は保護育成礁の効果検証調査を行う。
5)水産資源の管理及び未利用資源の有効活用による生産性向上
①技術の普及・拡大のための勉強会等の実施
・栽培漁業センター及び水産試験場が、出前説明会や勉強会を行い、漁業者への技術普及・拡大を図る。
②漁場改善による資源づくり
・栽培協会等の指導のもと、沿岸漁業者はアワビ、サザエの効果的な種苗放流を継続するとともに、栽培漁業センター、栽培協会の協力を得て、アラメ等の藻場造成を行う。
・沿岸漁業者は、キジハタの種苗放流を行うとともに、資源管理及び付加価値の向上のために27 ㎝未満の小型魚の再放流を行う。また、栽培漁業センターが追跡調査を行い、放流手法の改良や費用対効果の把握等を行う。なお、漁獲サイズ規制は平成28 年度から実施しており、当年から水揚量、金額ともに10%向上を目指す。
・栽培漁業センターは、効率的なイワガキ礁の清掃を行うための新技術を、漁協委託業者や潜水漁業者に提供し、その技術を用いて従来より広範囲のイワガキ造成面積を確保する。また、栽培漁業センターの技術提供により、沿岸漁業者が巻貝等の外敵からイワガキ稚貝を保護し、効果的な資源の造成を図る。
③ズワイガニ資源管理の高度化
・網代港支所及び田後漁協の沖底漁業者は、鳥取県沖合底曳網漁業協会、水産試験場と協力して、科学的知見に基づいたズワイガニの資源管理強化を進める。
④未利用資源の有効活用の検討
・栽培漁業センター及び沿岸漁業者が、カレイ釣りの延縄導入試験を実施し、可能性を検討する。
・網代港支所及び田後漁協は、市場ニーズのある海藻、特にアカモク等について、未利用資源の有効活用を検討する。
6)魚食普及活動の推進
・網代女性部及び田後女性部は、地魚の消費に繋げるため、魚の捌き方、調理法、食べ方等の普及を目的に小中学生等に向けた料理講習会を行う。
・網代女性部及び田後女性部は、道の駅等で開催されるイベントに出店し、料理講習やメニューの提供を行うことで、魚食普及や松葉がにやハタハタ等の地魚のPR に努める。また、イベント来場者へのメニュー提供や加工品の効果的な販売方法等について、イベント主催者側と協議を行う。
7)観光資源を活用した取組による地域活性化
・岩美町地域水産業再生委員会は、漁村文化・観光・天然資源を活用した体験プラン等の拡充及び開発を図るとともに、観光業にリンクした水産加工品(6 次化産品)の販売を促進し、収益向上に繋げるため以下の項目について、関係者とともに検討協議する。
①体験漁業(アゴすくい、地びき網等)、ブルーツーリズム、朝市等の取組
②観光イベント等での水産加工品(6 次化産品)PR と販売促進


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○付加価値向上
 ・高値魚種(マダイ、イシダイ、スズキ、アオリイカ、釣りアジ、ケンサキイカ、スルメイカ、ズワイガニ)の活魚出荷開始。
 ・低価格沿岸漁獲物(イガイ・バイなど)の数量確保による高値市場調査・販売。
○水産加工
 ・カレイ類、ハタハタ、トビウオ、イカ類・未利用魚種等の新加工商品、メニューの開発。先進地視察。
 ・大量水揚時原魚の高値買い上げと加工品化による魚価の底支え。
 ・地元水産加工業者と連携した、赤ガレイのミンチ商品・練り製品、フィーレ等、一次加工産品の開発、学校給食・介護食等への食材提供・魚食普及。
○漁場改善による資源づくり
 ・藻場造成プログラムの策定。アワビ、サザエ、キジハタ種苗放流の継続。 イワガキ礁の整備、付着面再生。 イワガキ養殖事業を新規開始。地域住民やボランティア,学生・生徒などへの積極的公開。
○担い手育成
 ・県内外の専門家等を招聘。短・中長期滞在型研修センターの整備。
○魚食普及ケーブルテレビを活用した魚食普及番組、親子・大学料理教室等での魚食普及。
○観光
 ・バーベキューハウス、体験漁業(アゴすくい、地曳等)、臨海学校の拠点づくり、朝市等の取組。オープンウォータースイミングコース(遠泳)、キッズトライアスロンのコースの整備。

団体情報


JF・団体名 田後漁業協同組合
住所 〒681-0071
鳥取県岩美郡岩美町田後68
電話番号 (0857)72-1531