岡山県|岡山県地域水産業再生委員会瀬戸内市地区部会

牛窓町漁業協同組合

取組概要 殻付きカキ冷凍技術の導入と養殖ノリ栄養塩低下の早期分析
キーワード 冷凍技術
朝市
栄養塩
販路 域内流通
取組タイプ 直売所・食堂
魚種 カキ
ノリ
アマモ
ガザミ

浜プランの取組内容

□漁協直売所の強化
牛窓町漁協及び漁業者は、地元住民を対象に地先で獲れた魚介類を販売するため、漁協敷地内において、常時直売所を開設する。
邑久町漁協及びカキ養殖業者は、市街地からの交通の利便性がよい道の駅「黒井山グリーンパーク」にカキ祭りを集約して実施する。
□カキの販売促進
邑久町漁協は、高い利益率が期待できる殻付き出荷を増やすため、企業と連携して、殻付きカキを冷凍する技術を導入しており、今年度は殻付きカキを30万個出荷する。
また、現在運用しているHPを拡充し、漁場の様子や養殖過程のほか、漁村の歴史、文化、風土などを関連させた情報発信を行い、養殖カキのPRだけでなく、地域全体のイメージアップを図る。また、平成25年度に瀬戸内市地域おこし協力隊の支援によりデザインを刷新した化粧箱パッケージを導入し、市場への流通拡大に取組む。
□安定したカキ養殖体制の構築
両漁協及びカキ養殖業者は、種を安定的に確保するため地種の割合を増やす。
また、幼生調査結果をもとに漁協同士で協力しあう体制を構築する。加えて、地種の採苗不良の場合に備えるため、カキサミット等のイベント時に他県の漁業者や業者と積極的に交流を図り、購入先の多様化を図る。
邑久町漁協のカキ養殖業者は、長島の船越水道が開通したことに伴って、植物プランクトンの豊富な漁場に筏を配置することにより、大粒で品質のよいカキを生産する。
□安定したノリ養殖に向けた取組
牛窓町漁協のノリ養殖業者は、県水産研究所がHP上で公開する硝酸塩連続観測データを参考にして、栄養塩低下をいち早く把握し、低下した場合には、色落ち直前に摘み取るなどの対応を行い、色落ち被害の軽減を行う。
□漁場改善の取組
邑久町漁協は、これまで民間企業や、地元小学校と連携して行ってきたアマモ造成を継続するとともに、県と連携しながらアマモ場造成の適地を検討する。また、これらの活動を拡充するため、小・中学校、高校、NPO団体等との協働を検討する。これらの取組はHP等で公開することにより、地域全体のイメージアップにつなげる。
□資源管理型漁業の推進
両漁協及び漁業者は、漁業資源を管理し、守り育てるため、県水産研究所と連携し、ガザミ、クルマエビ、オニオコゼなど各種魚介類の種苗放流を継続するとともに、抱卵したガザミや小型魚の再放流に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○漁協直売所の強化
 地元住民向けの毎月朝市開催。道の駅「黒井山グリーンパーク」でのカキ祭りの集約化。
○カキの販売促進
 HP拡充による、漁場・養殖過程・漁村の歴史などの情報発信。化粧箱パッケージの本格的導入による市場への流通拡大。高利益率の殻付き出荷増加に向けた殻付きカキ冷凍技術の導入。
○安定したカキ養殖体制の構築
 種の安定的確保に向けた地種割合の拡大。抑制棚増設。幼生調査結果にかかる漁協間協力体制の構築。地種採苗不良に備えた購入先の多様化。長島の船越水道開通に伴う植物プランクトン豊富な漁場への筏配置。
○安定したノリ養殖に向けた取組
 栄養塩低下の早期分析。色落ち直前の摘み取り。
○漁場改善の取組
 民間企業・地元小学校と連携したアマモ造の継続。県と連携したアマモ場造成の適地検討と小・中・高校、NPO団体等との協働の検討。
○資源管理型漁業の推進
 ガザミ、クルマエビ、オニオコゼなど各種魚介類の種苗放流継続。抱卵ガザミや小型魚の再放流。

団体情報


JF・団体名 牛窓町漁業協同組合
住所 〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3909-1
電話番号 (0869)34-3065