香川県|香川県地域水産業再生委員会 高松地区部会

屋島漁業協同組合

取組概要 高品質な「なおしま鰤」の販売促進、浜の多面的機能発揮
キーワード ブランド
産直市
ノリ養殖の協業化
販路 域内流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ハマチ
ブリ
ノリ

浜プランの取組内容

○魚類養殖の振興
・魚類養殖経営体は、直島漁協の「なおしまハマチ」について、給餌方法等を統一するなど徹底した生産管理により、一層の品質向上に努め、併せて、漁場負荷の軽減を図り、適正な漁場環境を維持する。
・特に関東圏においては、「ハマチ」という呼称より「鰤」の知名度が高く、高値で取引されるため、魚類養殖業者は、4Kg 以上の重量まで生育され高品質な「なおしま鰤」の販売促進を行い、養殖業の収益を向上させる。
○ノリ養殖の振興
・ノリ養殖経営体は、より高品質な製品を消費者に提供するため、加工段階における高精度な機器を整備するとともに、現場の作業効率を高める。
また、漁期中の栄養塩レベルの悪化により、品質低下、生産量減少の対策として、海底耕うん等の漁場管理や時間当たりの摘み取り量を増大させることにより、栄養塩レベルの影響を受けにくい生産体制を構築し、収益向上を目指す。
・ノリ養殖経営体は、ノリ製品に生産者の顔写真を貼るなど、安全で高品質なノリであることをPR し、販売量増加、価格向上を目指す。また、ノリの直営販売所を運営し、旬のノリ本来の味と香りを直接消費者に提供する機会を増やし、購買層の拡大を図る。
・ノリ養殖経営体は、コンビニエンスストアのおにぎり商材等における香川県産ノリの使用について、ノリ商社への販売促進を強化する。
・ノリ養殖経営体は、比較的設備投資が少なく新規での操業が容易なアオノリ養殖について、県内の生産拡大のため、アオノリ養殖適地選定の試験の実施を検討する。
・香川県海苔養殖研究会は、クロノリの品質向上・生産安定化を目指し、効果的な食害対策を検討し、試験を実施する。
○漁村のにぎわい創出
・2013 年に開催された瀬戸内国際芸術祭を契機に、直島は現代アートの聖地として国内外から多くの観光客が訪れ、同時期に和食がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたこともあり、多くの来場者は、芸術作品だけではなく、瀬戸内の新鮮な水産物を含む『食』への期待は高い。
そういった中、新たに古民家を利用した飲食施設や民泊施設はある程度できたものの、島内における県産水産物の提供体制は脆弱であり、PRの機会を活かしきれていないのが実情である。
そこで、2019 年開催される「瀬戸内国際芸術祭」では、食材提供やメニュー開発等により、情報発信力の高いメディア関係者の協力を得ながら、県内水産物のPR を促進する。
○地域特性を活かした販路の拡大及び販売促進
・地区内の全漁業者は、漁協とともに、高松漁港、高松市中央卸売市場と人口集積地やイベント開催地が近接しているという好立地を活かし、産直市について検討することにより、新たな顧客の開拓を図る。
・地区内の全漁業者は、香川の伝統的な鮮魚の行商人であり、高松地区を中心に商売をしている『いただきさん』に対し、水産物、情報等の提供、施設の利用許可などの支援を行い、地元での消費拡大を図る。
・地区内の全漁業者は、街角で懐古的な風情を醸し出す『いただきさん』を貴重な観光資源として捉え、『いただきさん』を絡めたイベント等を推進していくため、『いただきさん』の活動をまとめる団体又は協議会の設立を県、関係団体などと連携し、検討する。
○浜の多面的機能発揮
・漁業者は、漁協の協力得てゴミ掃除等の沿岸域の環境美化、漂流漂着物の処理等を推進する。
・漁業者は、漁協等の協力を得て、海底耕うんや干潟の保全及び藻礁の設置等による漁場環境の保全活動に努め、稚魚放流等の資源造成や資源管理の取り組みを実施する。
○収入の安定化
・漁協は、漁業共済、積立ぷらすへの加入を促進し、自然災害や不漁などに起因した漁業収入の不安定に備える。
○漁港機能強化等の施設整備
・地区内の全漁業者は、漁協の協力を得ながら、クレーン設備等の作業効率化を図るため、漁港機能の強化を計画的に実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○瀬戸内国際芸術祭を活用した販売促進
 ・2016年瀬戸内国際芸術祭での県内水産物のPR、直島つり公園などの飲食施設の改修、食材提供、メニュー開発。
○魚類養殖の振興
 ・給餌方法等統一、月1回の魚体検査等、きめ細やかな管理を徹底した高品質「なおしまハマチ」の生産。
 ・4Kg以上の重量まで生育する「なおしま鰤」の販売促進。
 ・適正な投餌量や施設配置の遵守、斃死魚処理施設活用を通じた漁場環境負荷の軽減と漁場環境の維持。
○ノリ養殖の振興
 ・余剰行使枠の他経営体への割り当て、1経営当たりの養殖漁場の大規模・効率化による短期間でのノリ摘み取り。
 ・ノリ製品への生産者シール貼付(顔写真・連絡先等)、直営販売所運営を通じた消費者への安全高品質ノリのPR。
 ・コンビニエおにぎり等での県産ノリ使用に向けたノリ商社への販売促進強化。
 ・クロノリの色落ち対策・品質向上・生産安定化に向けた、食害対策、低栄養塩耐性株の選抜試験、乾ノリ加工技術改善などの研修実施。
○直島における漁業者による民宿経営。人口集積地やイベント開催地での産直市開催。『いただきさん』(伝統的な鮮魚行商人)を活用した販売促進。

団体情報


JF・団体名 屋島漁業協同組合
住所 〒761-0113
香川県高松市屋島西町440-16
電話番号 (087)841-9641