香川県|香川県地域水産業再生委員会 東讃地区部会

牟礼漁業協同組合

取組概要 養殖魚オーナー制度を活用した水産物の消費拡大と「オリーブハマチ」の増産
キーワード 養殖魚オーナー制度
オリーブ
認知度向上
販路 その他
取組タイプ ブランド化
魚種 ハマチ
ノリ

浜プランの取組内容

○魚類養殖の振興
・魚類養殖経営体は、養殖魚のオーナー制度を運用し、本地区養殖魚の優れた特性について、消費者の理解が広がるよう努めるとともに、養殖魚以外の海産物を季節毎にオーナー会員に頒布することにより、本地区水産物への消費拡大を促す。
・魚類養殖経営体は、香川県産オリーブ葉を餌に混ぜ与えて生産する「オリーブハマチ」について、徹底した生産管理により、一層の品質向上、安全性の向上及び増産に務める。また、オリーブ等に関連した新たな魚種への展開を検討する。
○ノリ養殖の振興
・ノリ養殖経営体は、香川県産ノリをコンビニエンスストアで販売しているおにぎり等に使用してもらうように、ノリ商社への販売促進を強化する。
・アオノリ養殖について、ノリ養殖経営体は関連事業を活用し、事業化されたアオノリ養殖の生産拡大と単価向上に取り組む。また、これまで県外に頼っていたアオノリの種網を県内で種付けできるようにするため、種苗生産技術開発の検討を行う。また、比較的設備投資が少なく新規での操業が容易なアオノリ養殖について、地区内の生産拡大のため、アオノリ養殖適地選定の試験を実施する。
・クロノリ養殖について、ノリ養殖経営体はノリ加工段階におけるノリの高品質化、効率化のための施設整備を順次実施するとともに、海底耕うん等の漁場管理や色落ち対策に取り組み、品質の向上を目指す。
・県内のノリ養殖経営体で組織する香川県海苔養殖研究会は、クロノリの品質向上・生産安定化のため、効果的な食害対策を検討し、試験を実施する。
○漁港機能強化等の施設整備
・地区内の全漁業者は、漁協の協力を得ながら、クレーン設備等の作業効率化を図るため、漁港機能の強化を計画的に実施する。
○収入の安定化
・漁協は、漁業共済、積立ぷらすへの加入を促進し、自然災害や不漁などに起因した漁業収入の不安定に備える。
○浜の多面的機能発揮
・漁業者は、漁協の協力得てゴミ掃除等の沿岸域の環境美化、漂流漂着物の処理等を推進する。
・漁業者は、漁協等の協力を得て、海底耕うんや干潟の保全及び藻礁の設置等による漁場環境の保全活動に努め、稚魚放流等の資源造成や資源管理の取り組みを実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○魚類養殖の振興
 ・養殖魚オーナー制度を活用した①消費者向けの養殖魚特性の理解促進②季節毎の海産物頒布。
 ・植樹による県産オリーブ葉の安定供給を通じた「オリーブハマチ」の増産。
○ノリ養殖の振興
 ・コンビニおにぎり等への香川県産ノリ使用に向けたノリ商社に対する販売促進強化。
 ・アオノリ養殖の新規事業化と、クロノリ色落ち対策検討による品質向上。
 ・クロノリの品質向上・生産安定化に向けた、食害対策、低栄養塩耐性株の選抜試験、乾ノリ加工技術改善。
○漁業体験型イベントによる外国人観光客の誘客
 ・高松空港直行便運航している台湾・中国・韓国等からの団体客に対する体験型イベント誘客(魚釣り、養殖魚への給餌、地引網体験など)を通じた漁業外収入の獲得。
○漁港施設の整備
 ・クレーン設備等漁業作業効率化につながる漁港施設整備の県に対する要請。
○浜の多面的機能発揮
 ・ゴミ掃除等の沿岸域の環境美化、漂流漂着物の処理や藻礁の設置等藻場・干潟の保全。

団体情報


JF・団体名 牟礼漁業協同組合
住所 〒761-0123
香川県高松市牟礼町原359
電話番号 (087)845-1403