高知県|奈半利町地域水産業再生委員会

奈半利町漁業協同組合

取組概要 地元加工業者と連携した低・未利用魚の加工品開発
キーワード 活魚販売の拡大
低・未利用魚
ふるさと納税
販路 域外流通
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 イカ
サバ
イサキ
アジ
イセエビ

浜プランの取組内容

【定置網漁業における活魚出荷】
魚価の向上を図るため、活魚での水揚げを実施するとともに、活魚での仕入れを行う仲買人の誘致を行う。仲買人との情報交換を行いながら、仕入れ基準を記したマニュアルを作成し、各経営体で共有する。
【低・未利用魚の活用】
小イカやヒイラギ等を用いた簡易加工品の製造・販売を実施するため、操業中の作業の追加について検討し、現場体制の構築を図る。
【漁獲物のPR】
おさかなまつり等のイベントにおける鮮魚販売ブース出展の継続や、漁協及び漁業者主体の直販市を実施し、認知度向上に努める。
【漁獲物の鮮度向上】
平成29 年度に導入した選別機を活用し、選別時間の短縮による魚価向上を図る。
【資源の増大】
漁協及び町の連携によるイサキの種苗放流の継続に加え、新たな放流魚種を検討し、さらなる水揚げ量の増加に繋げる。
【漁業後継者対策】
漁業者の高齢化が深刻化しているため、漁協及び漁業者による漁業就業フェアへの参加や、国・県の支援制度を活用しながら、さらなる新規漁業者の受け入れを実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○漁業者による直売
 奈半利駅前での朝どれ高鮮度を売りにしたサバ、イサキ、カワハギ、イカ等の鮮魚の直売の本格実施(毎月第2、4土曜日)。
○新たな加工品の開発とふるさと納税の活用
 小イカを漁獲直後に船上で生きたまま調味料に漬け(沖漬け)、新たな加工品として地元直売店等で販売。またふるさと納税の贈答品として供給。
○漁獲物の蓄養による出荷調整や活締め出荷
 大漁時の漁獲物(サバ、アジ、イサキなど)の一部を港内設置の生簀で蓄養することによる①出荷調整、②活魚・活締めの市場に卸す取組の試験的開始。
○定置網の敷設状況調査
 網成り(水中での定置網の形状)の改善に向けた、潮流・深度計や水中ビデオカメラなどを用いた水中での定置網の敷設状況調査。
○自動魚体選別機の導入
 定置漁獲物の水揚げ時の選別スピード向上、アジ・イワシ類の鮮度低下防止を目的とするフィッシュポンプや自動魚体選別機の導入検討。
○資源の増大
 イサキ等の種苗放流や、アオリイカの産卵床造成の継続。
○漁業後継者対策
 漁業就業フェア参加、国・県の支援制度の活用等による積極的な新規就業希望者の受け入れ。

団体情報


JF・団体名 奈半利町漁業協同組合
住所 〒781-6402
高知県安芸郡奈半利町乙883-69
電話番号 (0887)38-4402