福岡県|福岡県有明海地区地域水産業再生委員会

福岡有明海漁業協同組合連合会

取組概要 「福岡のり」の販売強化、学校給食での提供による消費拡大
キーワード 福岡有明のりのPR
学校給食
のりの養殖手法の統一
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 ノリ
アサリ

浜プランの取組内容

①「福岡有明のり」の都市部や産地における直接販売やPRの促進
・現在、のりの買い付けから商品販売までを一手に引き受けている商社主導の販売体制だけでは、生産者側が意図するようなブランド力や販売収益の向上にはつながりにくい状況であり、漁連自らが販売できる体制の確立を目指すものとする。そのために、のりの販売会社を立ち上げるなど直接販売の形態を開始し、更なる認知度向上、販売拡大に取り組む。
・これまでの商社まかせの販売体制から、自らが生産したのりの品質を評価し販売方法を考案できる体制づくりの基礎として、販売会社の立上げおよび漁連が入札に参画できる権利の取得を検討する。
・県内の学校給食での米飯給食とタイアップしたのりの消費拡大。
・品質の向上に取組み、「福岡有明のり」の高級贈答用のりをブランド商品として確立する。
・観光、商工団体等との連携を図り、観光客への「福岡有明のり」の提供等、新たな販路を開拓する戦略的な取組みを推進する。
・女性活躍のための実践活動支援事業を活用することで、女性の視点を取り入れた加工品の開発や販売事業の取組における女性の参画を推進し、漁業所得の向上を図る。
② 適正養殖可能数量の遵守
・のり養殖が漁場の生産力を適正に利用し、安定的・持続的な生産を可能にすることを目標に、のり網枚数を漁場全体で200,000 枚以内とする。
③ 漁業協同組合や漁場単位で養殖手法を統一し、のりの品質を向上
・栄養塩や塩分、潮位等の海の環境やのりの状態を調査等で把握し、適切な養殖管理を全体に徹底することで、のりの安定生産や品質向上を図る。
④ 貝類の天然採苗や親貝保護の取組みを強化し、資源づくりを促進
・アサリ、サルボウの天然採苗、垂下式育成技術を用い、浮遊幼生の発生を促し、定着後の効果的な管理を実施することにより資源増大を図る。
・二枚貝資源緊急増殖対策事業を活用し、漁連は、県と協力して二枚貝資源を増大させる手法を確立し、漁業者の所得向上を図る。
⑤ アサリの有利販売の推進
・徹底したサイズ選別など付加価値向上対策を行うとともに、入札による共同販売を行い、単価向上を図る。
⑥ 有害生物の駆除や堆積物除去の取組みを促進し、干潟の漁場環境を保全
・有害生物漁業被害防止総合対策事業を活用し、有害生物(ナルトビエイ)を駆除することで漁業被害を軽減し、貝類の資源維持増大を図るとともに、漁業者の経営の安定化を図る。
・漂流漂着物、堆積物の除去を行うことにより、水産資源の生育環境及び水質の改善や生物多様性の保全を図る。
⑦ 種苗放流や資源管理を促進
・種苗放流や資源管理に積極的に取組むことにより資源の増大を図る。
○ その他の取組
・浜の活力再生・成長促進交付金を活用し、浜プランの取組内容の見直しや共同利用施設等の整備、密漁防止対策等について、随時検討する。
・漁業人材育成総合支援事業を活用することで、後継者の育成に努めるとともに、県の新規就業セミナー等を活用して新規漁業就業者の確保を図る。
・水産業革新的技術導入・安全対策推進事業を活用し、漁業現場において革新的な省エネ・省コスト・省力化技術及び安全対策技術を円滑に導入するため、これら技術の実証試験等を行う。
・水産物供給基盤機能保全事業を活用し、保全整備を実施することで、漁業者の安全な操業を図る。
・漁港施設機能強化事業を活用し、機能診断及び機能強化対策を実施することで漁業者の安全な操業を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.「福岡のり」の直接販売、PR促進による付加価値向上
(1)のりは全て商社ブランドで販売されているが、新たに地産地消を核とした直接販売の形態を開始し、売り上げ確保を目指す。
(2)県内の学校給食での米飯給食とタイアップしたのりの消費拡大で子ども達ののりファンを増やすとともに、品質の向上に取組み、「福岡のり」の高級贈答用のりをブランド商品として確立する。
(3)観光、商工団体等との連携を図り、観光客への「福岡のり」の提供等新たな販路を開拓するなど戦略的な取組みを推進する。
漁業収入向上のため
2.漁場行使の改善等によるのりの品質向上の取組
(1)のり養殖が漁場の生産力を適正に利用し、安定的・持続的な生産を可能にすることを目標とし、のり網枚数を漁場全体で200,000枚以内とする。
(2)色落ちや病害発生が定常的にみられる漁場では、福岡県水産海洋技術センター有明海研究所及び福岡有明海漁業協同組合連合会の海況データと漁場でののり観察により被害の拡大を予測し、早期摘採や網数を削減するなどの方法により被害を軽減し、のりの単価アップを図る。
(3)福岡県水産海洋技術センター有明海研究所の病害感染調査及び潮位データをもとに協議を行い、漁場におけるのり網の干出時間を統一するなどの集団管理を徹底することで、病害対策が可能となり、のりの品質向上を図る。
3.資源管理、漁場環境の保全による資源量増大
(1)アサリ、サルボウを大量かつ安定的に発生させるために天然採苗や新たに開発された垂下式養殖の技術等を用い、浮遊幼生の発生を促すとともに、稚貝の定着、定着後の効果的な管理などを効果的に組み合わせて資源の増大を図る。
(2)貝類を食害する有害生物(ナルトビエイ)の駆除を行い、貝類の資源維持、増大を図る。
(3)クルマエビ、ガザミ等の種苗放流や資源管理に積極的に取組むことにより資源の増大を図る。
(4)漂流漂着物、堆積物の除去を行うことにより、水産資源の生育環境の改善、水質の改善や生物多様性の保全を期待する。

団体情報


JF・団体名 福岡有明海漁業協同組合連合会
住所 〒832-0826
福岡県柳川市三橋町高畑271
電話番号 0944-73-6166