佐賀県|外津地区地域水産業再生委員会

外津漁業協同組合

取組概要 魚類養殖、複合経営の実施
キーワード 地元旅館や飲食店への販売活動
活魚出荷
複合経営
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 イカ
タイ
ブリ
アジ
カンパチ

浜プランの取組内容

各漁業種類が以下に取り組み、漁業収入を基準年対比で2.0%向上させる。
1.漁業収入の向上対策
1)付加価値向上
ⅰ)いか釣り
(活魚出荷)
販路拡大のために、漁協が中心となって近隣の旅館や飲食店へ販売活動を展開し、イカ活魚の販路拡大を行う。漁業者は関係機関からイカ蓄養技術の指導を受け、安定的な蓄養・活魚供給体制を進める。
(冷凍出荷)
イカの需要が減り、価格が下がって採算が合わない時は、漁協が買取り近隣の旅館などに販売する「買い支え」の量を増やすために、漁協が中心となって近隣の旅館や飲食店へ販売活動を展開するとともに、漁協及びいか釣り漁業者は、買い支え事業への出荷ルール構築に向けた協議を行う。
町の開催する産業祭などにイカの加工品を出展し、農業者や商業者など異業種の人と交流を図る。
ⅱ)一本釣り
(活魚出荷)
漁協及び漁業者は、一本釣り業者に漁獲したマダイ、ブリ、イサキ、ハタ類等の活魚出荷量を増やすため、活魚水槽で運搬技術の向上について検討を行う。
(関東圏出荷)
漁業者が、試験的に取り組んでいる航空便を使用した関東圏への鮮魚販売を、今後、販売体制づくりを進め、鮮魚販売量を増加させる。
送料を安くする方法を運送会社と協議する。
ⅲ)魚類養殖
漁協は、養殖したマダイ、カンパチ、マアジ等との詰め合わせに使用するサザエ等の貝類を安定して確保するため、提供元の近隣の漁協、海士漁業者と安定供給依頼の話を進める。
また販売量を増やすため、ホ-ムペ-ジでのネット販売を検討する。
2)複合経営
ⅰ)かき養殖
養殖カキを市場単価が高い12月の出荷量を増やすためには、カキ養殖場から養殖カキの取り上げ時に、付着器から養殖カキを外す作業の省力化が必要であり、そのためには脱貝機の導入は不可欠である。
漁協は脱貝機を玄海町に平成32年度事業として要望する。
漁協は関係機関に貝毒検査を依頼し、安全・安心な養殖カキの出荷に努める。
3)水産資源の安定・増大
ⅰ)採介
ガンガゼ駆除をより効率的に行うために、駆除計画に従い継続的に実施する。漁協はガンガゼ駆除を水産庁に平成32年度事業として要望する。
ⅱ)アカウニ放流
資源が減少しているアカウニの資源回復を図るため、漁協は玄海町にアカウニ放流を平成32年度事業として要望する。
4)新規就業者対策
関係漁業者、漁協、町及び県は、国の新規就業者支援事業等を活用し、漁家子弟や地域外からの新規就業者の受入体制を整備する。漁業者は新規就業者に対し、技術や知識を伝承する。また、空き家等の住居の斡旋、休漁船の再利用やシェアリング等を検討する。
各漁業種類が以上のことを取り組むことにより、基準年対比2.0%の漁業収入の向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁業収入の向上対策
1)付加価値向上
ⅰ)いか釣り
(活魚出荷)
新たな販路を開発するために、漁協が中心となって近隣の旅館や飲食店へ販売活動を展開し、イカ活魚の販売を周知する。また、漁業者及び漁協は、活魚販売拡大のため、活魚水槽等の施設整備を検討する。さらに、漁業者は関係機関からイカ蓄養技術の指導を受け、安定的な蓄養・活魚供給体制を検討する。
(冷凍出荷)
観光シーズンオフ等でイカの鮮魚価格が低下した場合、漁協は一定の価格で漁業者よりイカを買い取り、買い取ったイカを冷凍保管し販売する。また、冷凍イカの販路を近隣の旅館や飲食店へ拡大するために、漁協が中心となって販売活動を展開する。
ⅱ)一本釣り
(神経締め出荷)
漁業者は先進地研修や関係機関からの指導により、マダイ、ブリ等の神経締め処理技術の習得に努める。また、神経締め器具の統一化を検討する。
漁協及び漁業者は、神経締め処理魚であることを出荷スチロール箱に表示するため、神経締め表示シールの作成を検討する。
漁協及び漁業者は神経締め鮮魚を近隣の旅館や飲食店にも販売するた
め、試食品の提供等の営業活動を実施する。
ⅲ)魚類養殖
養殖したマダイ、カンパチ、マアジ等や貝類の詰め合わせセットの販売体制を構築するため、漁業者及び漁協は協議を開始する。
2)複合経営
ⅰ)かき養殖
漁業者はかき養殖の安定的技術習得のため、現場で関係機関からの技術指導を受け、増産に向けて取り組む。また、新規に取得した漁場での養殖に取り組む。
漁協は安全・安心な養殖カキの提供を目的として、関係機関に貝毒検査を依頼する。また、増産に対応できる紫外線殺菌装置等(水槽、ポンプ)の増設を検討する。さらに、漁協は通信販売等の充実を検討する。
3)水産資源の安定・増大
ⅰ)採介
漁協及び漁業者はガンガゼの生息状況を調査し駆除計画を作成する。これにより効率的に駆除を進める。
ガンガゼ駆除は継続的に実施する必要があるため、漁協及び漁業者は玄海町等に平成27年度の事業実施を要望する。
各漁業種類が以上のことを取り組むことにより、基準年対比0.8%の漁業収入の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 外津漁業協同組合
住所 〒847-1441
佐賀県東松浦郡玄海町大字今村4923
電話番号 0955-52-6103