浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

長崎県|西海市地域水産業再生委員会

大瀬戸町漁業協同組合

取組概要 「西海ブランド戦略」による販売事業の展開
キーワードさいかい丼
水産教室
就業者対策
販路域内流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 カタクチイワシ
タコ
アジ
イサキ

浜プランの取組内容

① 加工流通販売対策
・漁協及び市は市内水産物のイメージアップを目指すため平成25 年に制定した「長崎西海の魚」ロゴマークを使用した販促資材やパンフレット等の更新及び、市等のホームページの活用とあわせ継続的な営業、商談会への出
展を通じて統一イメージの定着化に取り組む。
・漁業者、漁協及び市は、西海市の「西海ブランド戦略」により選定した戦略商品のプロモーション活動を行うなど、ターゲットを絞り込んだ販売事業を展開する。
・漁業者及び漁協は、飲食店等との直接取引につなげていくため、西海市市人会(関西及び関東)との関係構築による営業活動の継続及び、マーケティング・ブランディング事業を展開する西海市地域商社と連携した情報収集等に取り組む。
・漁業者及び漁協は、姉妹都市である宮崎県西都市への産直姉妹便(トラック便による直売)の運行を継続するとともに、西都市周辺地域への販路拡大に向けたマーケティング調査に取り組む。
・イセエビ刺網漁業者及び漁協は、イセエビの個人向け販売の強化を図るため、ダイレクトメール等による情報発信を継続するとともに、多様な流通チャンネルに対応可能な高鮮度保持販売に向け、急速冷凍施設の導入等を検討する。
・漁業者及び漁協は、漁獲物の鮮度保持に向け、神経締めの実施や殺菌海水の使用等、品質・衛生管理の徹底を図る。また、養殖マガキの販路拡大に向け、衛生管理施設の整備を検討する。
・漁協及び市は、観光協会や商工会等と協働で取り組んでいる「さいかい丼」フェアや、市内小・中・高校での「水産教室」の開催を継続するとともに、地域漁業の情報発信に向けた水産物販売会と漁業体験を組み合わせたイベントを開催するなど、水産物の地産地消や魚食普及を推進する。
・加工業者、漁協及び市は、従事者の高齢化が進んでいる家内工業的な加工品生産について、持続可能な生産体制への整備を行うとともにフィレ等の一次加工品へのニーズを踏まえ水産加工方針の取りまとめを検討する。
②養殖業の振興対策
・魚類養殖業者は漁協と連携し、養殖魚の販売促進とあわせ、流通経費削減対策を含めた加工品生産体制の確立を検討する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 大瀬戸町漁業協同組合
住所 〒857-2307
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸福島郷1432-2
電話番号 0959-22-0039