浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(伊奈漁業協同組合)

伊奈漁業協同組合

取組概要 「いなサバ」のブランド化
キーワードいなサバ
出荷統一
直接販売
販路域外流通
取組タイプブランド化
魚種 サバ
アカムツ

浜プランの取組内容

①【鮮度保持及び規格統一の徹底、ブランド化に向けた取組】
《一本釣り漁業》
・サバに関する取組
平成21年度から一本釣りで漁獲したサバを「いなサバ」のネーミングで売り出しているが、今後、「いなサバ」の市場での評価を更に高めるため、漁業者は、釣り上げたサバをすぐに水氷に入れ6時間以上保冷庫で保管し、出荷の際は魚体に傷が無いか確認のうえ、一箱の出荷重量が必ず5㎏から5.5㎏になるよう、鮮度保持及び規格統一を徹底する。
また、市場評価や信頼度を高めるため、漁協は出荷後の状況、例えば魚体に傷があるか、サイズ不統一など問題点を市場関係者から確認し、問題があれば漁業者に改善を求める指導を行う。
漁協は、「いなサバ」の商標登録を行い、併せて、ブランドのPR を展開するためノボリ、ハッピ、T シャツを製作のうえ市場や関係団体に提供し、知名度の向上を図る。
また、地元スーパーでの直売については、規模を拡大して継続するとともに、福岡の卸業者への直接販売についても、引き続き新たな販路を開拓していく。
・アカムツに関する取組
漁業者は、1人の水揚尾数では出荷ロット数を満たさない場合、複数のアカムツ漁業者同士で合わせて1箱にして出荷することで、これまで自家消費するなどして所得にならなかった魚を販売し、収益向上を目指す。
②【販路拡大、地産地消に向けた取組】
《定置網漁業》
定置網漁業者は、漁獲物の種類別、サイズ別の箱詰めを行い市場へ出荷するほか、「いなサバ」で行っている地元への直接販売の取組を定置網漁獲物にも併せて拡大し、地産地消を推進することで島内の需要を高め、漁業者の収益向上を目指す。
③【資源回復に向けた取組】
《全漁業者》
全漁業者は、クエ、カサゴ、アワビなど収益性が見込める魚種等の種苗放流やウニの移植、ミズイカ産卵場の整備等を漁協と連携し行い、水産資源の維持及び増大に努める。
④【後継者育成に向けた取組】
漁協は、県の「次代を担う漁業後継者育成事業」等を活用し、県・市と連携しながら後継者の育成、新規漁業者の確保を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 伊奈漁業協同組合
住所 〒817-1532
長崎県対馬市上県町伊奈1279-4
電話番号 0920-85-0069