長崎県|宇久小値賀地区地域水産業再生委員会

宇久小値賀漁業協同組合

取組概要 観光事業導入による漁業外収入の拡大
キーワード 漁協自営事業の強化
水産加工業者との連携
観光事業の導入
販路 域外流通
取組タイプ 観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 マフノリ
タチウオ
シイラ

浜プランの取組内容

① 磯焼け対策
採介藻漁業等関係漁業者は、ガンガゼ等の植食性動物の駆除や母藻投入といった取組を継続しつつ、町及び町内のダイバーと協力して取組海域の拡大を図り、藻場の回復を促進する。加えて、駆除したウニの有効活用を検証する。また、マフノリの付着基盤確保のための磯掃除に取組む。
・植食性動物の駆除及び母藻投入面積:0.6ha
・ウニ漁獲量(むき身):15 ㎏
・マフノリの付着基盤確保のための磯掃除の実施:1地区
② 漁協自営事業の強化
漁協は自営事業として定置漁業を行っているが、1 統で操業しているため好不漁や破網の発生等により経営が不安定となっている。このため、新たに小型定置を整備し、2 統操業体制とすることで経営の安定を図る。また、加工業者と連携し、加工品の開発により、原料を提供する。
・目標とする水揚量:31t
③ 水産加工品の開発・製造・販売
漁業者は水産加工業者と連携して、水産物加工品の開発、製造、販売を行い、漁業収入の増加を図る。
・新商品開発数:1商品
④ 水産物のPR、販売促進
漁協は、販売及びPR 強化のため、一般社団法人 小値賀町担い手公社(以下、「公社」という。)と連携し、居酒屋等への直接発送を継続するとともに、PR 活動や商談により新たな出荷先を開拓し、取扱数量の拡大に努める。
・新たに直接取引を行う居酒屋等店舗数:1店舗
⑤ 観光事業の導入
観光事業導入による漁業外収入の拡大を目的として、漁協は、事業者及び町と連携し、運営体制、ダイビングスッポット及び協定内容について協議、検討を行う。
加えて、小型定置について、乗船し操業の体験等を行うことができる、
観光利用について関係団体と協議を行う。また、養殖業の餌やり体験についても関係団体と協議を行う。
⑥ 後継者対策
漁業就業支援フェアへの参加、町ホームページへの掲載など情報発信に取組み、新規就業者の確保に努める。また、研修生の受入について漁業者団体と調整を行い、新規就業した者の育成を図る。
・新規就業者数 1 名
・研修生受入数 1 名


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【全体的事項】
◎ 生産歩留まりの向上
 養殖業者は、佐世保市水産センターと協力し、漁場環境等のモニタリングを 緊密に連携して行う。これにより、夏季及び冬季に発生する有害プランクトンや魚病の早期発見に努め歩留まり向上を図り、漁業所得の向上を目指す。
 また、養殖業者は、本年度佐世保市水産振興協議会や、市議会で要望があり設立された「水産センターあり方研究会」に外部有識者を参席し、次年度に市 に対し、今後の市水産センターの在り方について答申書の提出を行う予定。
◎ 養殖業者と市は、平成26年度に佐世保市と友好親善都市の締結を行った釜山広域市西区関係者と協調し、西区にある釜山広域市国際水産物卸売市場の関 係者と意見交換を行い、水産物の販路拡大にむけ検討を行う。 
◎ 養殖業者と市は、各種媒体(新聞、テレビ、ラジオ、SNS等)を積極的に活用し、地元水産物の認知度向上に努める。
◎ 養殖業者と漁協及び市の関係者は、将来の水産物の輸出のため、すでに輸出の実績がある鹿児島県東町漁協加工場の視察、意見交換を行い、本市の水産物 輸出の可能性について検討する。
【個別の所得向上の取り組み】
魚類養殖
① 養殖トラフグの取り組み
・トラフグ養殖業者と漁協は、市のブランドとして認定を受けている「九十九島とらふぐ」のブランド化を一層推進し魚価の向上を図る。具体的には以下に 取り組む。 
・適正養殖業者認定を受けたトラフグ養殖業者によるブランド化協議会は、使用する餌、飼育方法や飼育記録管理の統一等を定めたブランド魚育成マニュア ルの確立を進め、生産履歴の確認が可能な安心で安全な養殖トラフグの生産を確立し販路開拓に取り組む。 
・漁協及びトラフグ養殖業者は、平成24年度から佐世保市ブランド化事業を活用し地元ホテル旅館業組合、飲食食店等の協力店を募ってトラフグキャンペ ―ンを実施し、地元でのトラフグ消費の拡大に引き続き取り組む。 
・また首都圏での販路開拓のため築地、市場卸会社やトラフグ専門店などに積極的に営業を行い、身欠き加工品の販路拡大を図る。 
 漁協は、トラフグを原料とした加工品の試作を行い、市民に対して漁協が用 いる協が主催する魚祭り等を通じた試食会を実施するとともに加工品の価格や パッケージの検討を行う。
② 魚食普及活動の取り組み 
・佐世保市は長崎県第一位の生産量を誇る水産都市であるが、市民にはその認識がなく、このため今後、販路拡大を行う上で、地元での認知度向上を図ることは非常に重要なことである。 
・このため、養殖業者は市内小学校、中学校の給食に養殖トラフグを提供し、地元養殖魚の認知度向上と魚食普及の拡大を図る。また、漁業者は市水産課と 協力して地元養殖魚を用いた魚料理教室を実施し、地元水産物の認知度向上と消費の拡大を図る。
貝類養殖養殖
③ イワガキの取り組み
・カキ養殖漁業者の夏季の収益向上による経営の安定のため、佐世保市水産センターがイワガキの試験生産を行い、シングルシードでの種苗20万個の安定供給が近年可能となった。
・このことから、イワガキの養殖業者からなるブランド協議会「チームロックオイスター」をたちあげ、主に首都圏での販路拡大を進めている。
・イワガキ養殖業者は、現在軌道に乗りつつある東京を中心としたオイスターバーの販路に加え、地元飲食店への営業を行い地元消費の拡大を推進する。また、種苗の供給を佐世保市水産センターが担っていることから、水産センターは、種苗の供給量の安定化と増産に努める。
  ⇒目標生産数 20万個
④ 宮城系統マガキ人工種苗増産の取り組み
 カキ養殖業者は、東日本大震災の後、生産に用いる種板が入手困難になっていることから、佐世保市水産センターと協力し人工生産の種板増産に努める。特に量産には生産者の抑制処理が重要であることから、カキ養殖業者は、佐世保市水産センターの指導のもと、抑制技術の向上試験に本年度から着手する。
 また、「抑制」技術の習得を早期に図るためカキ養殖業者は宮城県の種ガキ生産者の協力のもと、現地研修にも取り組む。
 併せて、水産センターは、今後の増産と生産の安定のためにより良い抑制手法の開発に取り組む。
   ⇒目標生産数:15万枚

団体情報


JF・団体名 宇久小値賀漁業協同組合
住所 〒857-4701
長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2789-4
電話番号 0959-56-3131