長崎県|大島村漁協地域水産業再生委員会

大島村漁業協同組合

取組概要 加工品の生産拡大、漁場生産力向上
キーワード 活魚出荷
藻場保全
漁業体験
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 イカ
カサゴ
クエ
アワビ
アジ

浜プランの取組内容

①漁場生産力の向上
・採貝及び一本釣漁業者は、植食性のガンガゼやアイゴ、イスズミ等を駆除し、並行して、新たにウニフェンス(2,500 ㎡)を設置しガンガゼ等の侵入を防止して新芽の保護を行う。
・一本釣及び採貝漁業者は、種苗放流(カサゴ放流5,000 尾、クエ放流2,000 尾、アワビ放流10,000 個)を行う。
・定置網及び一本釣漁業者は、人工産卵礁(イカ柴200 基)を設置する。
・定置網漁業者は、休漁日を自主的に設定することで漁獲努力量を削減し、ヤリイカ、スルメイカ、マダコ、アジ、イサキの資源保護を図る。
・一本釣及び定置網漁業者は、年1 回海底清掃を実施し、海底の漁網等のゴミを回収する。
②加工品の開発と販売促進
・一本釣漁業者及び採貝漁業者は、加工品の生産量を増加させることにより、販路の安定と魚価の向上を図るため、大島村漁協女性部(加工部)に対して鯛茶漬、練製品(てんぷら、かまぼこ)及び塩ウニの原料を積極的に供給する。
③イカ類の魚価の向上
・港に陸電施設を整備し、停泊中も海水ポンプを稼働させることによるイカの活魚出荷割合の増加や出荷直前の活締めによる鮮度向上により魚価の向上を図る。
④大島村島内外住民との交流促進
・一本釣漁業者は、農林漁業の体験プログラムを推進するまつうら党交流公社と連携し、島外民泊者に対して、漁業体験の機会を提供し、漁業外収入の確保を図る。
体験メニュー:ろこぎ体験、一本釣体験、お魚料理教室・一本釣漁業者は、地元中学生を対象に水産教室を実施し、カマス、アジ等の水産加工品(一夜干)作りを体験させ、漁村文化等の継承を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 漁場生産力の向上
・採貝及び一本釣漁業者はガンガゼや植食性魚類を駆除することにより藻場保全活動を行う。
・一本釣及び採貝漁業者は種苗放流(ヒラメ放流10,000尾、カサゴ放流10,000尾、アワビ放流10,000個)を行う。
・一本釣漁業者は人工産卵巣(イカ柴220基)を設置する。
・定置漁業者は休漁日を自主的に設定し漁獲努力量を削減する。
魚種:ヤリイカ、スルメイカ、マダコ、アジ、イサキ
・一本釣及び定置漁業者は、年1回海底清掃を実施し、海底の漁網等のゴミを回収する。
② 加工品の開発と販売促進
・一本釣漁業者、採貝漁業者は、大島村漁協女性部(加工部)と連携し、鯛茶漬、練製品(てんぷら、かまぼこ)及び塩ウニの原料を積極的に供給し加工品の生産量を増加させることにより、販路の安定と魚価の向上を図る。更に、女性部が行う平戸市特産のヒラメを使った茶漬の開発に際し、原料を優先的に供給し開発を促進する。
③ 大島村島内外住民との交流促進
・一本釣漁業者は、農林漁業の体験プログラムを推進するまつうら党交流公社と連携し、島外民泊者に対して、漁業体験を実施し、漁業外収入の確保を図る。
体験メニュー;ろこぎ体験、一本釣体験、お魚料理教室
・一本釣漁業者が地元中学生を対象に水産教室を実施し、カマス、アジ等の水産加工品(一夜干)作りを体験させ、漁村文化等の承継を図る。

団体情報


JF・団体名 大島村漁業協同組合
住所 〒859-5805
長崎県平戸市大島村的山川内330-3
電話番号 0950-55-2531