浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

熊本県|熊本北部地区地域水産業再生委員会

熊本北部漁業協同組合

取組概要 ノリの委託乾燥施設を活用した生産量増加
キーワードノリの委託乾燥施設
品質統一
HACCP
販路その他
取組タイプ出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ノリ
アサリ

浜プランの取組内容

【海苔養殖漁業】
海苔生産者は、以下の取組みを行う。
① 漁業を営む法人は整備・稼働させた乾燥施設(2 号棟)を活用し、①海上作業への専業化、②労働環境の改善を図り生産量の増加を図る。
② 潮位にあわせた適切な海苔網の高さ管理を徹底して品質向上に努め、病害の蔓延を防止し、美味しい海苔の生産を目指す。
③ 県や市、町、県漁連の協力のもと、定期的に葉体のサンプルを採取し、葉体の成長を確認するとともに、病気の発生を早期に発見し、品質低下を防止する。また、漁協は、県や県漁連が発信する海苔養殖情報や海苔漁場プランクトン情報を生産者へ共有することで、育苗管理の徹底や病気の早期発見とその対応を徹底させ、海苔の品質低下防止を図る。
④ 各生産者は加工場の衛生管理(異物混入防止及びロス率低下のための製造機器の清掃・点検、点検チェックシートの記録等)を徹底し、安全安心な海苔を生産する。また、当組合の海苔漁場は支柱漁場のみであることから、海苔の品質を統一させやすいという利点を活かし、生産者間での品質を揃えるために、加工時のミンチサイズの統一や乾燥機の温度管理等を徹底し、過重等級を減少させて海苔の単価向上を図る。
⑤ 海苔生産者全員で海苔商社のニーズを把握し、それに合った製品づくり(歯切れが良い、出荷後のロス率低下)に取組む。具体的には、勉強会や講習会を開催し、生産者全員の意識向上を図る。また、出荷時の品質の取扱いをルール化して単価の向上を図る。
⑥ 生産者の品質統一および安心・安全の評価向上による単価向上を目的とした、漁協統一のHACCP に沿った衛生管理手順の導入に向けた勉強会や先進地視察を行い、情報収集と漁業者の品質管理への意識向上を図る。
【アサリ採貝漁業】
① 採貝漁業者は、アサリ資源管理計画(母貝管理、稚貝の撒き付け、囲い網によるアサリ保護区の包囲、有害生物の駆除、漁場調査、干潟漁場耕うんによる底質改善、採捕規格および採捕数制限の遵守)に基づき、アサリ資源の増殖に取り組む。
② 採貝漁業者は、県水産研究センター等の指導を受け、アサリ増殖に適した海域の検討や成長、生残率の調査、海域環境の調査等を行う。
【全漁業】
漁協及び漁業者は地産池消を推進するため、地元飲食店協会等へ地元水産物のPR を行う。その取組みにより得られた地元飲食店等のニーズを参考として流通・販売を展開し、収入の向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 熊本北部漁業協同組合
住所 〒869-0123
熊本県玉名郡長洲町大字長洲3328-20
電話番号 0968-78-0516