熊本県|八代市鏡町地区地域水産業再生委員会

鏡町漁業協同組合

取組概要 「鏡オイスターハウス」の運営強化
キーワード カキ小屋
観光漁業
販路拡大
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 アサリ
ハマグリ
カキ
アオノリ

浜プランの取組内容

【アサリ、ハマグリの資源回復】
① 採貝業者は、食害生物(ナルトビエイ、チヌ、ツメタガイ、ホトトギスガイ、カモ等)の駆除を行う。
② 漁協及び採貝業者はアサリ保護のため、被覆網の設置、メンテナンス、張替えを行うとともに、経費削減のため、安価な被覆網を試験的に導入する。
③ 採貝業者は、産卵母貝の保護及びアサリ単価の向上のため、大型規格(4.5分・5分)のアサリのみを漁獲し、年間水揚目標を30tとする。
④ 漁協及び採貝業者は、アサリの繁殖期の保護のため産卵期である春と秋及び品質低下しやすい夏場に、採貝の休漁期間を設ける。
⑤ 漁協及び採貝業者は、資源量が減少しているハマグリの資源量を増やすため、漁獲を禁止して、母貝を養成し産卵させる。
【マガキの生産性の向上、販路拡大】
① 漁協及びマガキ養殖業者は、生産されたマガキの品質保持、ブランド維持に必要な衛生管理の徹底のため、生産基準に係る内規の内容検討及び生産者識別制度の検討を行う。
② マガキ養殖業者は、養殖技術の向上を図るため、沖出し時期と生育率の関係の再確認等を行う。また、歩留まり向上策について、県等の関係機関と共同で検討を行う。
③ 漁協及びマガキ養殖業者は、マガキの販路拡大のため、商談会への参加など営業活動を実施する。
④ 漁協及びマガキ養殖業者は、カキ小屋(鏡オイスターハウス)の集客力向上を図るため、HP、フェイスブック、プレスリリース等を利用して最新情報を発信する。
【観光漁業の推進】
① 漁協は、地域の活性化のために行っている潮干狩りの一般開放に関し、一人当たりの漁獲上限を現在の5kgから3kgとすることで開放期間を延長し、来客人数の向上を図る。
② マガキ養殖業者は、鏡オイスターハウスの顧客回転率や客単価向上のため、従事者の接遇研修や新メニューの開発を実施する。また、適正な人員配置や営業日・時間を検討し、経費削減を行う。
【アオノリ養殖】
① アオノリ養殖業者は、平成30年度から開始したアオノリ養殖の生産技術の安定化を図る。また、年間収穫目標を100kg(乾燥重量)とする。
② アオノリ養殖業者は、作業工程における衛生管理を徹底する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①採貝業者は漁協とともに、資源量が減少しているアサリについて、干潟耕うん等による漁場改善及び稚貝の保護を目的とした稚貝採集ネットの設置及び管理、食害生物等の駆除を行い、資源の回復を図る。
②ノリ(イワノリ)養殖業者は、適水温での採苗の開始日、一日の干出時間の調整、摘採時期等の適切な養殖を全員で統一して行い、生産額を維持する。
③④マガキ養殖業者は漁協とともに、高品質で安定的な生産を行うため、イカダの配置や沖出しのタイミング、生育水深の変更等について、試行するとともに、得られた結果を踏まえ養殖手法の改善を行う。
 また、生産したマガキ等は、カキ小屋「鏡オイスターハウス」で焼ガキ等を提供するとともに、本年度より新たに持ち帰り用としての販売や地方発送を行うため、商品パッケージを作成し販路拡大を図る。また、地元水産物(魚類、貝類、イワノリ)も「鏡オイスターハウス」等で提供・販売することで、付加価値を高め、漁業収入の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 鏡町漁業協同組合
住所 〒869-4205
熊本県八代市鏡町野崎1番割1028-2
電話番号 0965-53-9121