大分県|佐伯地区地域水産業再生委員会 上浦地区作業部会

大分県漁業協同組合(上浦支店)

取組概要 ICTを活用した養殖業のコスト削減、赤潮被害軽減の新型生け簀開発
キーワード ヒジキ養殖
海藻の加工品開発
SNS
販路 域外流通
取組タイプ 新技術の導入
魚種 ブリ
アワビ
サザエ
ヒジキ
マダイ

浜プランの取組内容

①種苗放流
養殖漁業者を除く全漁業者は、マダイ・イサキ・カサゴ・クルマエビ・アワビ類・ウニなどの高単価で取引される魚種の種苗放流を継続的に実施するとともに、採捕に関しては体長制限を実施することで資源の維持を図り、漁獲量の向上を目指す。
②漁場の拡大
潜水漁業者は沿岸漁場基盤整備事業を活用し、漁場の拡大及び種苗放流時の隠れ場(生息場)の造成を実施することで、漁場環境を改善し、漁獲量の向上を目指す。また、水産多面的機能発揮対策事業を使用した藻場保全活動により、海藻を食べてしまう食害生物の除去や磯焼けが進行する場所への母藻設置の取組を行うことで藻場面積の増大を図る。
③天然の海藻を用いた加工品開発
潜水漁業者は地元の海藻加工業者及び地区内の高齢者協議会と連携し、天然のヒジキやテングサ等を用いた加工品開発を行い、地元直売所にて観光客等へ販売を行う。
本年度の取組としては、連携する業者・協議会との協議を行い、開発に向けた検討を行う。
④新規養殖業への着業
新規養殖業への着業として、ヒジキ養殖の取組を行う。当地区では現在も天然のヒジキ等の海藻類の採捕は行われているが、採捕量が減少傾向にあり、安定供給が可能となる養殖に目を付けた。
本年度の取組としては、漁業者と漁協で事業化に向けた協議を行う。
⑤販路拡大の取組
潜水漁業者は漁協を通して、サザエの宅配サービスを行っているが注文数が伸び悩んでいる。そこで、注文数を増やす取り組みとして潜水漁業者を中心としてブログ等のSNS やYoutube 等の情報発信媒体を通じて、PR を行う。合わせて県内外での催しに出向き、その際宅配サービス等の宣伝も行う。
⑥赤潮被害軽減のための新型(深層型)養殖生け簀の開発【サブ目標】
近年、赤潮による養殖魚の斃死が毎年のように続いており、赤潮の被害を受けにくい深層型養殖生け簀を整備することで、斃死数を減少させ、収入向上を図る。
本年度の取組としては、深層型生け簀の整備を行い、実証実験をスタートさせる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 種苗放流の取組 全ての漁業者自らが、資源の増大を目的に佐伯市及び大分県の補助及び協力を得て種苗放流を行う。引き続き、本年度は、マダイ、カサゴ、アワビ、サザエ等を放流する。
② 藻場保全の取組 潜水漁業者が、水産資源の管理と保全を目的に、年間約6haの藻場を食害生物の除去、母藻の設置等行い、定着性水産資源の増加と保全を図る活動に取組む。
 また、資源量不足により途絶えていた「上浦サザエ」の宅配サービスを再開したことにより、地元はもとより地区外・県外にいる地元出身者等から地元の味と喜ばれるうえに、その人たちに更に宣伝してもらい、販路の拡大を目指す。
③ 養殖漁業の取組 ブリ養殖の年間出荷尾数581,000尾の内、約30%を「かぼすブリ」のブランドで出荷する事を継続し品質のよさをPRすることにより、これまでの1kg当たりの単価を約30円増加させる。
④ 基盤整備の取組 有用水産生物の発生及び育成に適した環境を整備し、天然魚介類の増殖、保護育成する事を目的に、佐伯市が事業主体となり、平成25年度から平成31年度まで漁村再生交付金佐伯湾地区増殖場造成事業を行う。 その事業実施にあたり、整備箇所の選定等に漁業者の意向が反映できるよう、漁業者が積極的に協力する。
 平成28年度は、浪太地区に自然石を投入し1,500㎡の増殖場を造成する。更に、平成26年度造成事業を実施した大浜地区に造成場に適した種苗を放流する。
⑤ 販路拡大の取組 上浦地区で年一回「かみうら食と文化のふれあいフェスタ」が実施されている。漁業者は、そのイベントで好評の「魚のつかみ取り」の運営とともに、上浦で獲れた魚介類の直販に取り組む。 さらに、地元の海産物直販施設を利用し、月1回の全漁業者が出店する朝市を開催し、上浦の魚介類をアピールしていく。
 また、隣市の観光施設での販売・協同イベント等の開催を目指す。
⑥ 環境改善の取組 全漁業者が海岸一斉清掃を行う事により、地元の漁場改善を行う。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合(上浦支店)
住所 〒879-2602
大分県佐伯市上浦大字津井浦1400-7
電話番号 0972-32-2004