長崎県|対馬地区地域水産業再生委員会(阿須湾)

阿須湾漁業協同組合

取組概要 生コンブの加工品開発、鮮度管理の徹底
キーワード 販路拡大
未利用魚
コンブ養殖
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ブリ
タイ
ヨコワ
シイラ

浜プランの取組内容

①【魚の鮮度保持に向けた取組】
全ての漁業者は出荷時の箱立ての際、魚やイカと下氷が直接触れることで氷の跡が魚体に付かないよう、漁協が作成する保冷シートを下氷の上に敷き出荷する取組を継続し、併せて出荷サイズを漁業者が遵守することで市場等からの信用性を更に高めていく。また、ブリ、タイ、ヨコワなどは、水揚げ時に、直ちに船上で活け締め(脱血)を行い、前記の取組と併せて鮮魚に「活け締めシール」を貼り、品質向上と他産地との差別化を図ることで、市場や販売先からの評価を高める。
②【コンブ養殖の継続・販売による所得の向上】
漁業者は漁協と連携し、H25年度に本格導入したコンブ養殖を継続し、生昆布をメインに福岡の仲買業者や地元消費者へ販売することで漁業収益の向上を図る。また、島内加工業者と共同開発した加工品(味付昆布)の生産・販売を継続し、昆布の需要を高めることで、更に生産量を伸ばしていく。
③【海岸清掃及び産卵場の整備による漁場の回復】
全ての漁業者は、悪化する漁場環境を改善するため海岸清掃を実施し、併せて資源の管理、回復を図るためイカの産卵場・育成場の整備を行い、持続可能な漁場環境の回復を目指す。
④【新たな漁業の導入による操業の多角化】
漁業者は、クロマグロ漁獲制限等、沿岸漁業を取り巻く情勢の変化に対応し、今後も安定した漁業経営を図るため、他の漁業種類の導入を検討し、操業の多角化を進める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①【魚価向上に向けた取り組み】
全ての漁業者は出荷時に、魚と氷が直接触れることで氷の跡が魚体についてしまう欠点を改善するため漁協が作成する保冷シートを活用し、下氷の上に保冷シートを敷き出荷する仕組みを周知、徹底し、併せて出荷サイズを漁業者が遵守することで市場等からの信用性を高めていく。また、ブリ、タイ、ヨコワなどは、水揚げ時に、直ちに船上で活け締め(脱血)を行い、前記の取り組みと併せ鮮魚に「活け締めシール」貼ることで、他産地との差別化と品質向上を図ることで、市場や販売先からの価値を高める。
②【販路拡大に向けた取り組み】
漁協は、福岡の仲買業者と直接、取引を行い、新たな販売先を開拓することで当該経費コストを抑えると同時に①の取り組みによる信用性の高い鮮魚を福岡市場から他の業者へ出荷する割合を基準年度水揚げ数量の約4割まで増すことで漁業者の所得向上を図る。また、地元のイベントに参加し、直接販売することで需要の拡大を推進する。
③【未利用の販売に向けた取り組み】
全ての漁業者は、シイラなど市場になかなか流通しない未利用魚について、当該魚種を漁協がロット調整し、直接、福岡の仲買業者等へ販売することで、利用魚の価値を高め、漁業収益の向上を目指す。また、漁獲物の取扱については、魚種に応じて①の取組を行うこととし鮮度の向上を図る。
④【昆布養殖に向けた取り組み】
漁業者は漁協と連携しコンブ養殖の生産量を拡大する。生昆布をメインに福岡の仲卸業者や地元消費者へ販売することで漁業収益の向上を図る。また、島内業者と連携しコンブの新たな加工品(佃煮、酢昆布)を開発し、今後、昆布の需要度を高めることで、生産量を基準年度に対し2倍増を図る。更に、漁協は、これまでの取組の効果を周知し、コンブ養殖業への新たな着業を推奨し、漁家経営の多角化を推進する。
⑤【漁場環境の回復に向けた取り組み】
全ての漁業者は、悪化する漁場環境を改善するため海岸清掃を実施し、併せて資源の管理、回復を図るためイカの産卵場・育成場の整備を行い、持続可能な漁場環境の回復を目指す。

団体情報


JF・団体名 阿須湾漁業協同組合
住所 〒817-0016
長崎県対馬市厳原町東里72
電話番号 0920-52-0509